男がついつい『イタい女』認定してしまう30代女子のNG行動5つ

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 411

痛い女認定されちゃう女性

 いくつになっても、女性は、若くありたいと希望を持っていると思いますし、その心意気は、男の本音からも『見事ッ!!』と称えるべき精神だと思います。
 
 がッ!しかし、あまりにそれが行き過ぎると、やっぱり『イタイ女』と認定されてしまいます。
 
 この記事では、30代のアラサー女子が、男からついついイタイ女だと認定されてしまう、NGな行動について、代表的なパターンを紹介していきたいと思います。

sponsord link

『イタい女』認定されがちな30代女子のNG行動

1)ギャルメイク

 

 人の人生は、自由ですので、別に、どんなメイクをしていても、それは個性です。
 
 でも、30代になったにもかかわらず、いつまで経ってもギャルの女性もいらっしゃいますが、『それも個性だ!』と思ってくれる男性は少ないでしょう。
 
 アラサー女子の中には、自分が高校生だった頃に流行ったであろうギャルメイクをそのまま続けていいる女性もいらっしゃいます。

 目頭には白いハイライトをベッタリ塗り、アイシャドウはブルーの原色だったり。
 
 女性も男性も30代になれば、それなりに成長していなければなりませんが、アラサーであるにも関わらず、いまだにギャルメイクなアラサー女子は、男性で例えるならば、いい年こいて『腰パン』しているようなアラサー男子と同じようなイタイ状況です。

 別に、シミやシワが気になりだしたとしても、そりゃ人間生きていれば年とるんだから、しょうがないんですよね。

 男は、そんなところより、もっと違う部分を見ていたりするんです。

 30代になれば、流行のメイクを追う必要はなく、自分自身を引き立たせるメイクを意識すれば、男性陣からイタイ女認定されることはないと、男の本音で申し上げたいと思います(笑)

2)肌の露出が20代並み

 やっぱり、男からして、20代女子の肌の露出と、30代女子の肌の露出は、印象がガラリと変わってきます。
 
 20代女子の場合は、『若いっていいな!』と元気をもらえる感じがしますが、30代女子の露出は『え?間違ってない?』というイメージなのです。
 
 失礼な話でスイマセンが、男の本音で言ってしまうと、30代女子で20代並みの露出をしている女性を見ると、『愛人でもしてんのかな?』と思う男性は多いはずです。

 30代女子が20代女子に、若さで勝つことは、難しいということは、男であれば普通はわかっているはずですから、30代女性に男が求めるものといえば、『気遣い』だったり、『品』だったりするんです。
 
 にもかかわらず、露出で勝負しているところの、『下品』な印象をうけてしまう。
 
 これ男の本音ですから、そういうことも相まって、男がついつい『イタイ女だな~』と思っちゃうんですよね。
 
 それとは対照的な『着物の似合う和服美人』をイタイ女認定する男性は、ほとんど皆無ですから、そういう品の部分は大切なんじゃないかなと思います。

3)ごっつい金髪

 キラキラ、ツヤツヤの金髪アラサー女子、男からみても、そういう女性は、『かっこいいな!』と思ってしまうタイプの女性です。
 
 でも、それは、ちゃんと手入れをしている金髪女性に限ります。
 
 30代になると、男性も女性も、どうしたって、髪の毛や肌に衰えが出始めます。
 
 そんな状態で、カラーをしてしまえば、髪の毛の長い女性であればなおさら、髪の毛はパサパサになりがち。
 
 男性の場合は短髪が多いので、髪の毛のパサパサ感は目立たないことも多いですが、女性の場合はそこそこ髪の毛が長い人が多いでしょうから、髪の毛がパサパサになりがちです。
 
 一度傷んだ髪の毛は、かなりケアしなければ元に戻らないそうですし、それなりにコストがかかります。
 
 30代金髪女子の中には、そんなケアを怠って、パサパサの状態の金髪で過ごしている人もいますが、それでは男性からイタイ女認定されてしまいます。
 
 やっぱり、30代の金髪女性で、髪の毛がパサパサになり果ててしまっている女性は、かなり控えめにみたとしても、やっぱり『惨め』『貧乏くさい』など、マイナスな印象しか感じ取れないのが男の本音だったりします。

 髪の毛の色は、おしゃれですし、個人の自由ですが、手入れだけは、気を付けたほうがいいかもしれません。

4)言葉遣い

 

 30代になれば、男性も女性も、TPOに合わせ『ちゃんとした言葉遣い』をしたいものです。
 
 『〇〇だにゃん』とかのふざけた一人称は、30代のアラサー女子であれば、間違っても口にしてはいけない言葉であると、世間一般の男性ならば、心の奥底で強く確信していることだと思います。
 
 また、初対面で、いきなりタメ口で会話してくるアラサー女子がいらっしゃいますが、これも男性からイタイ女認定されてしまう代表的な言葉遣いだといえます。
 
 やっぱり、30代になれば、それなりの礼儀が身についていてしかるべきですから、これは当然の結果です。

 イタイ女認定されないためにも、くれぐれも、言葉遣いには気を付けた方がいいでしょう。 

5)彼氏がコロコロ変わる

 そもそも、女性も男性も、『会うたびに恋人がコロコロ変わる人』というのは、イタイ人認定されがちですが、それ以上に、30代を超えてもなお、毎度恋人がコロコロ変わる人は、さらなるイタイ人と思われがちです。
 
 こんなことを言うと時代遅れと思われても仕方ないかもしれませんが、男の本音としては、女性にはそれなりの貞操を期待します。
 
 男からすると、30代のアラサー女子には、それなりの色気と貞操の両立を求めますし、会うたびに、コロコロ彼氏が変わるアラサー女子に対しては、『え?また彼氏変わったの?こいつイテーな』と、失礼ながら思ってしまいがちです。
 
 性別で、その生き方に、『決めつけ』があってはいけませんが、男の本音では、『女性といえば』という凝り固まった考え方が、まだまだ世間一般に存在することは事実です。
  
 そういう男性陣からすると、やっぱり毎回、彼氏がコロコロ変わる女性は、恋愛から何も学ばない女性なんじゃないかと、少しうがった見方をされてしまう可能性が高くなります。
 
 30代になれば、男性も女性も、落ち着いた、恋愛がしたいものです。
 
 ちなみに、男からすると、コロコロ彼氏が変わる女性は、別にモテているわけではなく、遊ばれているだけという評価が普通ですので、この点も気を付けたほうがいいポイントですね。

結びの一言

 男性も女性も、30代になると、20代とは違った魅力があるものと思われてしかるべきだったりします。
 
 男性陣みんなが、そんな期待をしている状況で、20代女子と同じ土俵で勝負しても、ハンデが大きすぎて、勝負にならないこともあります。
 
 男性でも、20代男性に、30代男性が、全く同じ条件で、体力勝負をしても、負ける可能性が非常に高いのと同じようなものです。
 
 30代のアラサーにはアラサーなりの戦い方があるのは、疑いようのない事実ですから、この部分を無視して、真っ向勝負をしちゃうと、たちまち『イタイ人』認定されちゃいます。
 
 私も30代ですが、この記事を書きながら、自分も気をつけなければと思う次第です(笑)

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top