男が本音で暴露!浮気される女の特徴10パターン

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 102

浮気される女性の特徴

 『最近彼氏に浮気されちゃったの・・。』
 
 そういう悩みを経験された女性は非常に多いと思います。
 
 でも、私が周囲の友人(男)と飲み屋で話をすると、浮気している友人から決まって挙げられる彼女や嫁に対する不満があったりします。
 
 今日は、そんな不満の部分をまとめ上げ、男の本音から、ズバット『浮気される女の特徴』を書いていきたいと思います。

sponsord link

浮気される女の特徴

1)付き合ったときより丸くなる

 『最近、彼女がブクブク太っちゃってさ・・。』
 
 という愚痴は、友達と飲みに行ったとき、何回も耳にした言葉だったりします。
 
 いわゆる、デブ専といわれる好み持ち主でもなければ、やっぱり男はグラーマーかスレンダーな女性が好きだったりします。(失礼ですが、正直に・・。)
 
 そういう女性が好きな男性からすると、彼女がブクブク太っていってしまうのは、明白な裏切り行為だったりします。
 
 付き合う際に『太らないことを約束します』だなんて、公開のお約束はしていないとはいえ、『暗黙の了解』などといいはる男性は多いはず。
 
 なんとも理不尽極まりないジャイアン理論ですが、こういう男の性があることも事実です。

 『最近、彼氏がほかの女と浮気したんだよね・・・。』という女性の中で、『最近10キロ太っちゃた(笑)』なんて女性がいる場合、彼氏からすると『そっちが先に、公約違反をしたんじゃないか!』と言われてしまいまそう。
 
 私の周囲でも、『最近彼女(嫁)が太っちゃって、魅力的に見えない』とボヤく男性は多いですから、浮気されたくない女性は、体の管理には気をつけましょう。
 
 ひどいようですが、意外と多い、浮気される女性の特徴の一つだったりします。
 
 まぁ、彼氏(旦那)ができると一安心してしまうタイプの女性なのでしょう。

2)化粧が雑い

 彼氏や旦那との付き合いが長くなればなるほど、『まぁいっか』と化粧が雑くなる女性は多のではないでしょうか?
 
 そりゃいつもバッチリじゃ男も『すっぴんでいいよ』というようになるかもしれません。
 
 しかし、意外と真に受けてはいけないのが、『すっぴんがいい!』という男の主張だったりします。
 
 これは、『ぽっちゃりが好き!』という男の主張が、『グラマーが好き!』という男性の主張とほぼ一緒であるというのと同じです。
 
 男の言葉で『すっぴんがいい!』というのを、男の本音で翻訳すると、『(肌が綺麗で、すっぴんでも十分可愛い)すっぴんがいい!』と言い換えることができます。
 
 つまり、結局、化粧をしなくても可愛いすっぴんは好きだけれども、そうではないすっぴんはお呼びでないと言うことです。
 
 だからこそ、付き合いが長い⇒雑いメイク⇒すっぴんで出歩く・・(男からすると)・・⇒バッチリメイクの女性が綺麗に見える⇒浮気。
 
 そう言う流れになるんですね。
 
 いつもいつもバッチリメイクじゃつかれちゃいますけど、たとえ付き合いが長い彼氏や旦那であっても、たまには自分の綺麗な姿を拝ませてあげましょう。
 
 化粧が雑くなって、すっぴんが多くなったり、化粧をしなくなったりするのは、浮気されてしまう女性の代表的な特徴です。

3)彼氏に依存している

 彼氏ができると、『彼氏だけ!』という状態になりがちな女性って、世の中に存在します。
 
 そう言う女性は、彼氏や旦那に依存しがちで、いわゆる『自分の人生』ってやつを持っていません。
 
 失礼な言い方かもしれないので、わかりやすく言うと、彼氏・旦那・男に依存してしまう女性は、その女性の人生の基準が『彼氏中心』『旦那中心』『男中心』になってしまうんです。
 
 それは決して悪くはないことなのですが、もしその男性の人格がしっかりしていなければ、その女性を都合のいいように利用し始めることになります。
 
 その都合のいい利用方法の一つとして『浮気』が挙げられます。
 
 つまり、『この子は自分から離れられないな。んじゃ自由にしてやれ!』ということになっちゃったりするんですね。
 
 彼氏や旦那中心の考え方を持った女性からすると、結局、浮気をされても離れることができませんから、辛い時期を過ごしてしまうことになります。
 
 浮気されてしまう女性の特徴として意外と少なくないのが、このタイプの女性だったりします。

4)全てが『平均』

 浮気される女性の特徴として意外と盲点となるのが、何もかもが平均な女性です。
 
 スタイルも平均的、仕事も平均的、ルックスも平均的、ファッションも趣味も平均的で尖ったところがない。
 
 そう言う女性は、結婚相手としては最高だったりするんですが、どうしても『手放したくない!』と思わせる、何かしらの魅力に欠けていたりします。
 
 男性でも、全てが平均的な男性は多いですが、なんの面白みもない男性が多かったりするのと同じです。
 
 こんな特徴、浮気されてしまう女性の特徴として挙げられても、改善しようがないかもしれませんが、男が浮気してしまう理由の一つとして、『こう言う理由もあるんだ』程度に読んで頂ければと思います。

5)会いすぎる

 浮気されてしまう女性の特徴として、『会いすぎる』という特徴があります。
 
 いつでも、どこでも彼氏と一緒じゃないと我慢できないタイプの女性です。
 
 これを男の本音で言い換えると、『男に羽を伸ばさせてあげない自分アピール女子』といったところでしょか。
 
 非常に失礼な言い方で恐縮ですが、男はやっぱり『自由』が欲しい瞬間もあるんです。
 
 結婚していればまた別でしょうが、付き合っている段階で、特に仕事盛り・遊び盛りの20代~30代の男性からすると、仕事終わりにアフター5は、自分の趣味や副業や、遊びに没頭する貴重な時間です。
 
 気づいている男は、気づいておりますが、この時期にどれだけアフター5を楽しめたかどうかは、その後の人生を大きく左右します。
 
 ただ単に、飲んだくれていただけならば、どうしようもない人生しか待っていないかもしれませんが、副業や趣味に没頭したり、本を読んで勉強したりしている男性ならば、将来ガッツリ飛躍が待っているかもしれません。
 
 意外と、そういう男性は多かったりしますので、そんな貴重な時間に、彼女が会いたい・会いたいを繰り返せば、だんだんと『邪魔だなこいつ』⇒『別にいいや』⇒出会いあると浮気という悲しい展開が待っています。
 
 平日の仕事終わりや、休日のいずれか1日くらいは、自由に羽を伸ばさせてあげる度量は、女性の器としては必要不可欠です。
 
 大抵、浮気もされず、長続きしていて、いつも仲良しのカップルは、お互いの自由時間を確保し合っているカップルが多いです。
 
 『よくあってくれているから浮気の心配はない』という女性は多いですが、それは今だけで、そのままだと彼氏は疲れてしまい、近い将来、突然会ってくれなくなるという悲劇に見舞われることになることを覚悟しましょう。

6)恥じらいがない

 女性=恥じらいが必要。
 
 なんて古い考えを主張するわけではありませんが、男が本音でぶっちゃければ、やっぱり女性には恥じらいを持っていて欲しいなんて思うのが男心だったりします。
 
 恋人同士で、同棲なんかすると、女性側でついつい恥じらいを忘れてしまったりする女性もいるかもしれません。
 
 そんな場合、男性はすぐにその女性に飽きてしまいます。
 
 最後の砦というか、なんというか、女性に恥じらいがあると、最後にミステリーな部分が残りますから、いつまでもその女性に興味を持った状態で過ごすことができます。
 
 反面、女性に恥じらいがなくて、何でもかんでもオープンにしてしまう場合、男性は、『探究心』のようなものが満たされてしまうのです。
 
 結果として、『その女性に飽きる』なんて心情になっちゃったりします。
 
 そうすると、別の『謎』を追いかけようと、別の女性に興味を持ち出し、結果、浮気に走ってしまう男性は多かったりします。
 
 男は、何かを探求することが好きですから、そういう習性からも、恥じらいある女性の方が、ずっと謎めいた部分が残るので、浮気されにくいのですね。
 
 逆に、すぐにオープンになって、恥じらいをなくしてしまう女性は、浮気されちゃう可能性が高くなります。
 
 意外と盲点ですが、このタイプも、浮気されてしあむ女性の特徴として代表的なものだったりします。

7)頻繁に一緒にお風呂にはいる

 6)で女性の恥じらいについて書きましたが、この項目は、その延長と言えるかもしれません。
 
 彼氏や旦那と頻繁に一緒にお風呂に入ってしまうと、どうしても、いろいろな部分がオープンになりますので、男性が『飽きてしまう』可能性が高くなります。
 
 この項目は、100%ではありませんが、浮気されてしまう可能性をあげるという点で、浮気されてしまう女性の特徴の一つとしてあげてみました。

8)マグロ

 マグロ!?いきなり書くと、魚のあれ!?と思ってしまうかもしれませんが、これは、魚ではなくて、夜の生活のあれです。
 
 やっぱり、男はそういう方面のことが大好きですから、浮気に走るかどうか?という点について『夜の生活』という側面は、非常に重要な要因になっています。
 
 若い女性の中には、この部分を、紙くずのように、軽視している方が非常に多いですし、卑下している女性すらいるようにも思います。
 
 でも、やっぱりに男性も女性も、動物的な側面がありますから、この部分あるべき問題として現実を直視する必要があると思います。
 
 事実、夜の生活の不一致で離婚する夫婦は、かなりの割合になっており、離婚裁判でも、そのような問題が争点になることが多くなっているようです。
  

裁判例

  • 1)理由を一切言わず拒否し続けた
  •  結婚期間2年4ヶ月の間、理由を一切言わずセックスを拒否し続けた夫に対して、妻が離婚の裁判を起こした事例。夫婦関係が破綻した原因は夫にあること、夫が包茎であったことは確かだが、結婚後は包茎手術を受け性的に機能しないわけではないので、新婚の夫婦に性交渉がまったくないのは不自然だと裁判官は判断し、夫に対して慰謝料100万円の支払を命じた。

  • 2)妻が拒否し続けた事例
  • 妻が性交渉を拒否し続けた事例では、結婚初夜から夫からの求めに頑なに拒否をし続け、一度も性交渉がないまま5ヵ月後に別居。その後、妻から夫へ離婚届を郵送し、夫は協議離婚に応じたものの、離婚成立後に慰謝料を請求する裁判を提起した。裁判官は判決で、妻が性交渉を拒否し続けたことが原因で結婚生活が破綻したとして、妻に対して150万円の慰謝料を支払うことを命じた(夫は500万円を請求)。

  • 3)夜の生活ができない体であることを隠し結婚した事例
  •  セックスができない体であることを隠して妻と結婚し裁判になった事例。結婚期間5年半で一度も性交渉がないことは、夫に重大な責任があり、結婚前に性的不能であることを妻に告げなかったこと、夫の性的不能が原因となって結婚生活が破綻したことで、妻が精神的に苦痛を受けたと裁判所は判断し、夫に対して慰謝料200万円の支払を命じた。

 
 こういう問題はデリケートですが、夜の生活に問題があるということで、別の女に解決作を求める男性は多かったりします。
  
 浮気されてしまう女性の特徴として、『マグロだから』というのは、確かな原因になっています。
 
 私の周囲でも、数名、『嫁との夜の生活が満足できないから、外に女がいる』という友人がおりますから、浮気の理由としては、代表的な理由なのでしょう。
 

9)ファッションに女性的な魅力がない

 いつもジャージで過ごしている女性も多いかもしれませんが、彼氏や旦那の前でいつもジャージばかりだと、愛想をつかされ、浮気に走られてしまう可能性が高くなってしまいます。
 
 ここまで、書いてきたので、鋭い人は分かると思いますが、『男は女性に女性的な魅力を求めがち』なのですよね。
 
 だからこそ、ファッションでも、ある程度、女性的な要素を見せて上げないと、男性は、別の女性的な人の方に興味を持ってしまいがちです。

 浮気されてしまう女性の特徴としては、一理ある特徴です。

10)男性より能力が優れている

 『能力もないのにダサいことを言うな!』という声が聞こえてきそうですが、男は、やっぱり一緒にいる女性より優れていたい生き物なのです。
 
 最近では、草食系(古い?)なんて言って、女性的な?男性も増えてきているようですけれど、まだまだ多くの男性は、女性より仕事ができる自分でありたいと思っている人は多かったりします。

 ところが、優秀な女性に多いのですが、『仕事の成果を男性と競う』女性が、一定数いらっしゃいます。 
 
 男性が、仕事の成果を話しているときに、『私なら・・・』『私も・・・』と成果をかぶせて話し、そして、それが男性の成果を上回っていたりするんですね(笑)
 
 もちろん、そういう話を女性がしてはいけないという話をしているのではありませんし、別に、女性が男性と成果を競うことを批判しているわけではありません。
 
 しかし、特に恋愛(結婚)に関してだけの問題に絞れば、上記のやりとりは、男性から『この子は自分の敵である』と思われてしまう典型的なパターンになってしまったりします。
 
 これが恋人同士の間だったなら、悲しいかな、その女性は、彼氏から信頼をなくしてしまうかもしれませんし、その後、彼氏の周囲に、信頼できる女性が現れれば、浮気されてしまうかもしれません。
 
 男性は、自分の能力に対して『攻撃』を加えてくる女性に恐怖と不信感を感じますから、この流れは意外にも自然だったりします。
 
 本当に勝手な話ですが、優秀な女性は、浮気されてしまう女性の特徴としては、意外にも代表的な特徴だったりします。
 

一覧でみる

  • 1)付き合ったときより丸くなる
  • 2)化粧が雑い
  • 3)彼氏に依存している
  • 4)全てが『平均』
  • 5)会いすぎる
  • 6)恥じらいがない
  • 7)頻繁に一緒にお風呂にはいる
  • 8)マグロ
  • 9)ファッションに女性的な魅力がない
  • 10)男性より能力が優れている

浮気は悪であると思う

 浮気される女の特徴だなんて、とても失礼なタイトルで記事を書いていますが、前提として、浮気は悪だと思います。
 
 結局、浮気というのは、される側に原因がある場合もあるでしょうが、全面的に悪いのは『やった側』であるべきです。
 
 確かに、恋愛は自由恋愛ですから、結婚の場合と違って、浮気は批判されるべきではないという合理的な意見も一理あります。
 
 しかしながら、それはあまりに『道義的』ではなく、『良心的』でもない意見で、悲しみや優しさ・誠実という人間の感情や人格面を全て削ぎ落として初めて成り立つ見解だと思うのです。 
 
 そうすると、少なくとも、『人を傷つけてはいけない』という勘定がある人間であれば、浮気というのは悪であるという意見には納得せざるを得ないのではないでしょうか?
 
 まぁ、そうだとしても、やるって不利益があるかと言われれば、罰せれるわけでもなく、金銭的ダメージを負うわけでもありませんので、そこはその人の人格次第という点に尽きますが・・。
 
 ただ、少なくとも、私は、上記のように浮気は悪だと思うのです。

 そういう視点で、この記事を書いていますので、浮気されてしまう女性の特徴だなんて失礼なことを書いていますが、そこは、『そういう特徴があると浮気されてしあむ可能性があるから気をつけなければ』という教訓として読んでいただけると幸いです。 

むすびの一言

 
 いかがでしたか?
 
 まぁ、浮気している男女は多いですが、浮気はいけませんよね(笑)
 
 私の周囲でも、やっている人はいますが、上手くやっている人がいる反面、バレて痛い目に遭っているという人もいらっしゃいます。
 
 ただ、大抵、浮気している友人(男性)に話を聞くと、この記事に挙げた、彼女・嫁に対する不満を口走ります。
 
 浮気症を治すのはなかなか難しい問題ですが、少しでも浮気の可能性を減らす意味でも、参考にしてもらえますと幸いです。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top