『肉体関係はあるのに付き合ってくれないのはなぜ?』男の本音7つ

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 67

都合の良い女になってしまう理由

 『肉体関係はあるのに、相手の男性はいつまでたっても付き合ってくれない・・なぜ?』
 
 って悩みを抱える女性は意外と多いという現実があります。
 
 ネットの掲示板や、友人知人の恋愛相談でも、非常に多い悩み相談の代表例でしょう。
 
 でも、正直なところ、男の本音でいってしまえば、この答えは明らかだったりします。
 
 この記事では、『肉体関係はあるのに、相手の男性が付き合ってくれない理由』について、男が本音でその理由を紹介していきたいと思います。

『肉体関係はあるのに付き合ってくれないのはなぜ?』男の本音

1)外見以外に魅力がないから

 肉愛関係があるにも関わらず、男性が付き合ってくれない理由として、『外見以外に何ら魅力を感じていない』という理由(本音)は、多くの男性が思い浮かべる代表的な理由(本音)でしょう。
 
 スタイルやルックスは非常に素敵なのですが、それ以外に何の魅力もない女性は少なからずいらっしゃいます。
 
 ルックスやスタイルって、持って生まれたモテ要素ですが、『既に持っているモテ要素』だからこそ、自分を磨かずして異性を引きつ行けます。
 
 となると、ルックスたスタイルの良い女性って、『内面の練度が低い(人間力に劣る)』場合が少なくありません。
 
 無駄に高飛車であったり、無駄に女王様であったり、『おごってもらって当然』なんて当たり前のように考えていたり(笑)
 
 女性が努力によって身につけるモテ要素である『家庭的』『男を立てる』『気遣いができる』『癒される性格』という内面の魅力を磨こうとしない外見の良い女性はゴロゴロしています。
 
 ここで男が思うことは、『じゃあ適当にチヤホヤして美味しいところだけいただこう』です。 
 
 だって、内面の人間力がない女性であれば、ドライに接してもお互い様ですから、何の問題もありませんし、わざわざ、そんな面倒な女性と義理人情を通して、ケジメを付けたいと思う男性は余程変わり者である人を除いては、ほとんど存在しません。
 
 美人でルックスもスタイルも良く、今まで内面を磨かずしてガンガンモテてきた女性がぶち当たることが多い『肉体関係はあるのに男性が付き合ってくれない理由』の代表例です。

2)付き合ってなくても肉体関係をもたせてくれるから

 『肉体関係はあるけど、男性が付き合ってくれない理由』の代表格です。
 
 男が本音を言うと、『付き合う』という『ケジメ』をつけなくとも、肉体関係を持たせてくれる女性であるならば、そもそも『付き合う必要性が無い』と考えます。
 
 だって、付き合っているのと、そのままでいるのと状態としては別に何も変わりませんから。
 
 『付き合おう』という一言で変わることは、『彼女』と呼ぶかどうか?という程度の違いです。
 
 だからこそ、付き合ってもいない状況で肉体関係を持ってしまうのは、男に付き合う必要性を感じさせなくなってしまう一番の理由になってしまうため、『付き合う前に肉体関係は持っちゃダメ』とれない相談などではアドバイスされちゃうんですね。
 
 つまるところ、『付き合う前に肉体関係をもってしまった』ならば、あとの祭りということです。

3)不幸オーラが出ているから

 
 『肉体関係があるのに、男性が付き合ってくれない理由』として、その女性に不幸オーラが出ている場合、正直、肉体関係をもってしまった手前、申し訳ないですが付き合うのは遠慮したいという男の本音が存在します。
 
 いいとこどりし、勝手な振る舞いではありますが・・・。

 結婚前の男女関係は自由恋愛であり、合意の上であれば、大抵のことは許されるという意見に頼るならば、上記のような態度も全面的に非難されるべき態度でないことは言うまでもありません。 
 
 男の多くは『不幸オーラ』が出ている女性とは付き合いたくないと考えてしまいます。
 
 だって、自分の人生も不幸に巻き込まれそうじゃないですか?
 
 やはり、付き合うならば、パッと輝くオーラが漂っている女性と付き合いたいと思うのが男性の本音です。

4)手放したくないとまでは思えないから

 恋愛においても、結婚においても、男性にとって、その女性が『手放したくない女性であるかどうか?』というのは極めて重要な要素であったりします。
 
 たとえ、肉体関係が先にあったとしても、『その女性を手放したくない』と思える要素が相手の女性にあるならば、付き合うという選択をするのが男という生き物です。
 
 すなわち、『肉体関係があるにも関わらず相手の男性が付き合ってくれない』という状態は、結局のところ、『別に他の男性のところに行っても僕は痛くもかゆくもない』と思われているのと同じ状態のです。
 
 だからこそ、男性は肉体関係がある女性と付き合わないのであり、お互い自由と考えることができるのです。
 
 本当に、相手の女性を手放したくないと考えているならば、その男性はふつう、ある段階で『付き合う』という選択を必ず採りますから。
 
 長らく『付き合ってくれない』という状態が続くならば、そういうことです。

5)都合の良い関係の方が楽だから

 彼女として付き合う⇒結婚と段階を経るごとに、男の責任って大きく膨らんでいきます。
 
 彼女という存在がいるだけで、別の女性に手を出すことはできないというのが一般論ですし、単純に『付き合う』=『縛られる』という状態に陥るのです。
 
 でも、肉体関係を持たせてくれる女性という存在は、男性にとっては、『縛られもしないし、別の女性に目移りしてもガミガミ非難されることなく、そして肉体関係も持たせてくれる』非常に都合の良い女性なのです。
 
 この状態って、男にとっては、劇的に楽な状態で、男としての本能を最大限に発揮できる状態です。 
 
 許されるならば、楽しくて仕方ない状態でしょう。
 
 であるならば、なぜ『付き合う』という選択をし、わざわざ縛られる状態に陥る必要があるのでしょう?
 
 『肉体関係があるのに相手の男性が付き合ってくれない』という状態を維持する方が、男にとっては楽なのです。
 
 当然の帰結でしょう。

6)お互いに『割り切った関係』という勘違い

 付き合う前に肉体関係を持たせてくれるということの暗黙の了解として、『お互いに割り切った関係でいきましょう!』と合意していると勝手に考える男性は結構おおいです。
 
 男性と比べて、貞操観念が強めの女性が、付き合いもせずに、肉体関係をもたせてくれるのは、結局『そういうことでしょ』というわけです。
 
 この勘違いが男性側にある場合、『付き合う』って選択肢は絶対にありません。
 
 ちゃんと、相手に『割り切った関係ではない』と誤解を解く以外に、『肉体関係はあるのに相手の男性が付き合ってくれない』という状態を脱出することはできないでしょう。
 
 ただ、たとえ割り切った関係ではない旨打ち明けたとしても、多くの男性は去っていく可能性が高いということは覚悟しておくべきです。

7)他に本命彼女がいるから

 『肉体関係があるにも関わらず相手の男性が付き合ってくれない』というケースで、よくある『あなたは浮気相手』パターンです。

 この場合は、どうしようもありません。 
 
 だって、その男性には他に本命がいるのですから。
 
 こういう悲しいパターンは、意外とおおいかもしれません。

付き合わない男の本音

  • 1)外見以外に魅力がないから
  • 2)付き合ってなくても肉体関係をもたせてくれるから
  • 3)不幸オーラが出ているから
  • 4)手放したくないとまでは思えないから
  • 5)都合の良い関係の方が楽だから
  • 6)お互いに『割り切った関係』という勘違い
  • 7)他に本命彼女がいるから

『都合のいい女』にされてしまうのはなぜなのか?

ズバリ!付き合う前に肉体関係をもつからである

 あなたが、本気で、『誠実な恋愛関係』を望んでいるとするならば、男が本音で警告しておきましょう。
 
 『付き合う前には絶対、肉体関係を持ってはいけない』と・・・。
 
 確かに、肉体関係を持った上で、その後、付き合うことになったというカップルは多数存在します。
 
 しかし、大抵の場合は、そういう幸せな結果に至ることはまれです。
 
 男からすると、付き合う前に肉体関係を持たせてくれる女性は、『結局、誰とでも簡単に肉体関係をもつんでしょ?』と思いがちですし、自分のことは棚上げし、そういう女性は本命彼女にはしたくないと自分勝手に考える男性は非常に多いからです。

 女性の中には『肉体関係を持てば、男性の心を掴める!』などと思ってしまう女性は、少なからず存在しますが、そういうメリットは、お金を出せばもっと美人な女性からサービスを受けられますから、男・・特に経済力ある男には何の価値もありません。

 また、『自分にとって肉体関係をもつことは、特別な行為!だから相手の男性にとってもそれくらい大事なことのはずだよね!』と信じている女性もいらっしゃいます。
 
 でも、それは、自分の価値観であって、相手の男性がその価値観を共有しているかは、人それぞれとしかいいようがありません。
 
 むしろ、男性の多くは女性が思うほどに肉体関係を持つということに対して、そこまで『特別な行為』という価値観を持っている人はいないというのが男の本音です。

 男からすると、先に肉体関係を持たせてくれる女性は、非常に都合の良い女性なので、この部分は注意が必要です。

『都合のいい女』にされないために

 当然ですが、相手が付き合う前に手を出そうとした場合に勇気を振り絞って『付き合ってないからダメ!』と意思表示をすることです。 
 
 そもそも、付き合わなければ、相手と個室で二人っきりにならない!
 
 これを厳守すれば、『肉体関係があるのに相手の男性が付き合ってくれない』なんてカオスな展開、未然に防ぐことができます。
  
 とにかく、一にも二にも・・付き合う前には肉体関係を持たない。
 
 仮に持ってしまったらならば、『付き合う』という展開は期待しない。
 
 これは原則です。 

最後に男の本音

 いかがでしたか?
 
 結構厳しいことを男の本音でぶっちゃけてしまいましたが、これは多くの男が考えている本音です。
 
 様々な理由がありますが、結局、『付き合う前に肉体関係は持たない』+『内面を磨き手放したくない女になる』これに尽きるかと思います。
 
 なかなか厳し道のりではありますが、あなたの幸せを願って、この記事を締めくくりたいと思います。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top