『頼りがい+お金もある』30代男の心を鷲掴む!5つのポイント

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 56

30代男性の心を掴むポイント
  
 30代男性といえば、仕事も私生活も経済面もほどよくいい脂がのってきた男性の年齢層だと言えます。
 
 20代前半のは仕事にお金にあくせくしていた男性も、30代になれば、仕事にも慣れ、それなりの地位に付き、収入も安定します。
 
 そして、人間的にも余裕と包容力が備わってくる頃。
 
 結婚相手としても、適齢期にあり、最適だと言えるでしょう。 

 だからこそ、20代女性からも30代女性は人気があるようです。
 
 20代女性から見た30代男性は、『頼りがい』もあり、『経済的にも余裕があり』、『ある程度、わがままもきいいてくれる』。
 
 そして、『教養も深い』魅力的な存在に映るようです。
 
 そんな、人気沸騰中?の30代男性の心を鷲掴みにするポイントはどこにあるのでしょうか?
 
 この記事では、男の本音を紹介していきたいと思います。
 

sponsord link

『頼りがい+お金もある』30代男の心を鷲掴む!ポイント達!

ポイント1)肌見せだが、地味目で攻める

 
 男性も30代になると、女性としての若さを求めるものの、派手すぎる女性は避ける傾向にあります。
 
 どうしても、女性もタイプも保守的になりがちで、ブランドモノや、パステルカラーだらけのファッションをまとった女性より、地味めだけど、女性らしさを感じる女性に惹かれがちです。
 
 30代の男性の心を鷲掴みにしたいならば、ファッションは少し地味目を心がけましょう。

 また、若さを手っ取り早くアピールするツールとして使えるのは、『肌』です。
 
 男性は、どうしても女性の肌にその人の若さを感じがち。
 
 下品にならない程度に肌を出すファッションは、30代の男性に対して、若さをアピールするツールとして効果的です。

ポイント2)ベタベタなスキンシップはしない

 30代の男性に限らず、男性全般に使える恋愛テクニックとして、『スキンシップ』が効果的だというのはよく言われるところです。
  
 ただ、30代男性は、既に様々なタイプの女性を見てきていますので、あまりベタベタしすぎるスキンシップを取ると逆効果になるケースが少なくありません。
 
 恋愛経験が少ないタイプの30代男性ならばまだしも、それなりに恋愛経験を積んでいる男性の場合、『男と気軽にベタベタと濃厚なスキンシップを図る女性は信用ならない』という価値観をもった男性も少なくありません。
 
 だからこそ、あまり慣れていないたどたどしいスキンシップが、30代男性には好まれます。
 
 30代男性に対して、大人な部分で張り合うのではなくて、若さという部分で勝負する方が、年下女性の強みを活かすことができます。
 
 適度なスキンシップを活用して、相手に触れることで、年下女性の魅力を感じさせることができます。

 コツとしては、いわゆるボディタッチではなく、『ついつい触れてしまった』というようなスキンシップのパターンです。

 例えば、メニューや皿などの受け渡しをする場合につい手が触れてしまったとか、そういう『不意打ちスキンシップ』が相手の恋愛感情を引き立てます。

ポイント3)女の子(Girl)ではなく女性(Lady)を目指す

 男性も30代を超えてくると、会社でもそれなりの地位についている人も多く、また、経済的・人間的余裕も備わってくる人が多いです。
 
 余程恋愛ベタでない限り、それなりに恋愛経験も積んできているでしょうし、女性に対する要求も高くなってきます。
 
 そして、30代に差し掛かると、いわゆる『10代・20代の若い女性』が、『子供』に見えてきます。
 
 私も30代ですが、正直、社会人2年目くらいまでの女性は、『子供』にしか見えませんし、周囲の仲間も、『30代になって、高校生・大学生は子供にしか見えない』といっている連中が多くなってきました。
 
 だからこそ、年は若いものの、『女性(大人っぽさ)』を感じる女子には、30代男性は心を鷲掴みにされてしまうケースが多いです。
 
 もちろん、女の子って感じの女性は、可愛らしいですし、悪くもなんともありません・・・がしかし、30代男性にはあまり受けない可能性が高いという事実は甘んじて受けいれるべきでしょう。
 
 とはいえ、30代男性にも様々なタイプがいますから、断言はできませんが(笑)

ポイント4)トークはでしゃばりすぎない

 男性も30代になると、それなりに知識と経験を身につけてきます。
 
 仕事で担当している分野や、各種専門知識についても、それなりに深い見識を持っている人が多くなってきます。 
 
 そうすると、自分に自信がある男性程、トークに、『解説する』という展開を交えてくるケースが多くなります。
 
 このような場合、ベタですが、『知らなかった!』『凄い!』『そうだったの!』という反応がベストです。
 
 男性は気持ちよく話をしたいのであって、議論をしたいわけではありませんし、30代男性ともなると、年下の女性に『逆に反論される』とういう展開を極度に嫌う人が極端に多くなってきます。
 
 『それ自分が考えているところと違うな』と思うことがあっても、別に議論しても得られる事は皆無ですから、ひらりひらりと交わし、黙って『講義(笑)』を受講してあげましょう。
 
 そんな簡単なことで、ほぼ100%『この子と一緒にいると本当に楽しい!』と思ってくれます。
 
 もちろん、女性側もトークを楽しむという側面がないとつまらないですよね?
 
 そういう場合の話題は、男性とはまた違った切り口の話題にしましょう。
 
 カフェ・流行り・行きたいテーマパーク・旅行・好きなもの・趣味などなど・・・・。
 
 男性と女性の話題が、真っ向から対立するようなトークの構成は失敗のタネです。

ポイント5)礼儀

 男性も30代になると会社では、重要な仕事を担当する、また、社会的な地位や職位が上がり、部下を抱えているなんて男性も多くなってきます。
 
 そのような状況では、男女問わず年下とのやり取りが増える傾向にあります。 
 
 最近では、昭和の時代のような厳格な礼儀やマナーは重視されない傾向にありますが、30代男性にもなれば、そういう礼儀やマナーで痛い思いをした経験はいくらでもあるはずです。
 
 自分の礼儀やマナーが至っていないせいで、恥ずかしい思いをしたなんて人は少なくないはず。
 
 だからこそ、そういう礼儀やマナーがしっかりした年下の女性には、『この女性は本当にしっかりしているな』と好印象を与える傾向にあります。
 
 私も何度も恥ずかしい思いをしましたので、礼儀がしっかりしている年下の男女には、本当に感心します。
 
 逆に、礼儀やマナーが全くと言っていいほどできていない年下の男女は、『ダメだこいつ』と思ってしまうこともあります。(礼儀・マナーは教えるものではありませんからね。)

 このように30代男性がついつい『お!』と思わされてしまう礼儀ですが、アピールのコツは、やっぱり『御礼』のシーンでしょう。
 
 食事を奢ってもらたならば、店を出てから『ありがとうございます。ごちそうさまでした。』の一言なんてベタなアピールポイントです。

 デートが終わって、帰宅する頃に、『今日はありがとうございました。』のLINEがあるとか。
 
 そういうベタな部分が30代男性の心を鷲掴みにするのですね。

『若さ』を武器にする

 若い女性が、大人な女性に対抗するためには、やはり自分の強みを活かしていく必要があります。
 
 30代男性に限らず、男性はどの世代でも、やはり若い女性が好きです。
 
 恥ずかしながら、これは疑いようもない事実です。
 
 だからこそ、この部分を武器として最大限利用することが、30代男性の心を鷲掴みにするうえでも、非常に効果的です。
 
 もっとも、若いを若いまま、キャピキャピしているだけでは、逆効果。
 
 若さを備え、適度に落ち着き、背伸びしている感が、30代男性の心には好印象に作用します。
 
 30代男性の心を鷲掴みにするのは、さほど難しくなく、適度に大人感をだし、若さを兼ね備え、そして礼儀正しければ十分。
 
 それだけで、30代男性はゲットできるはずです。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top