なぜッ!?男をダメにしてしまう『おかん女子』の特徴7つ

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 435

おかん女子の特徴

 『私って、ダメ男ばっかりにと付き合っちゃうの・・・男運ないのかな?』って悩みを抱えるそこのあなた!
 
 もしかすると、付き合った男性はもともと『いい男』だったにもかかわらず、あなたが『ダメ男』に育て上げてしまったのかもしれません。
 
 世の中たくさん男性は生息していますが、大半の男性が真面目に働き、日々一生懸命生きています。
 
 であるにもかかわらず、『ダメ男ばかり』と付き合ってしまうというのは、確率論的に考えても、『ありえない』事実であったりします。
 
 そうすると、これはもう、自分に問題の本質があると考えるべき段階に来ているのかもしれません。
 
 この記事では、そんな女性の悩みを解決すべく、男が本音で、ダメ男製造機⇒『おかん女子』の特徴を挙げてみました。
 
 この項目のどれかに当てはまると、あなたは、ダメ男を育て上げるおかん女子の素質があるのかもしれません。

sponsord link

なぜッ!?男をダメにしてしまう『おかん女子』の特徴

1)主導権を握りすぎる『リード女子』

 非常に頭のいい女性に多いタイプ。
 
 彼より段取り力もあるし、計画性もあるし、頭の回転も速い。
 
 そんな女性の場合、ついつい主導権を彼氏から奪いがちで、彼の意見はフル無視、『私!』『私!』『私!』。
 
 彼が意見を言ってお、それを否定し、主張を退けるような発言をしていないでしょうか?

 また、いつも会話の中心は『私』で、彼は口下手な性格もあってか、聞き役に徹しており、自分の意見は押し殺してしまします。
 
 そうなると、だんだん彼は自分の意見を言うのも面倒になり、彼女のペースに合わせるほうが、楽でいいや!と考えるようになっていき、最終的にも、女性におんぶにだっこの性格になっていきます。
 
 行きつく先は、『おかんと息子』のような関係。
 
 男はこうなってしまうと、自信を失い負のサイクルに入っていくので、まさにダメ男の完成となります。

2)どんなことでも心配しすぎる『心配性女子』

 相手のことを心配することは、まさに優しさの表れですから決して悪いことではありません。
 
 しかし、あまりにも度が過ぎ、『心配する必要のないこと』にまで、心配する発言を繰り返すると、『自分てそんなに頼りないのだろうか?』と男のプライドがへし折れかねません。
 
 例えば、自信をもって取り組んでいる仕事や、趣味、遊びに対してまで、いちいち『大丈夫?』なんて声掛けは不要です。
 
 あまりにも心配性で、何でもないことに対しても『大丈夫?』と言ってしまうと、結局、彼氏はプライドをへし折られ、結果、ダメ男になってしまう可能性があります。
 
 自分はやさしさで、大丈夫と言っているのかもしれませんが、それはダ男を製造してしまう、『おかん女子』の特徴であると肝に銘じておきましょう。

3)彼の身の回りのことは何でもしてあげる!『家政婦女子』

 『おかん女子』の典型的な特徴。正にダメ男製造機です。 
 
 最近では、料理も炊事も洗濯も、そつなくこなす男性は増えているものの、やはり、男性の中には、まだまだ家事を苦手とする人は多いです。
 
 たとえ、一人暮らしの経験があったとしても、苦手な人は苦手。
 
 そういう男性に対しては、女性はついつい身の回りの家事全般をやってあげたりしがちですが、それはダメ男製造機『おかん女子』の典型ですので、絶対にやめておきましょう。
 
 身の回りの家事をすべてやってあげる家政婦女子になってしまえば、男は甘えてしまい、完全にダメになっていきます。
 
 結婚してからならば、やってあげるのも良いと思いますが、結婚前は都合の良い存在二しかなりません。 

 ただ、男性は胃袋をつかめという名言もあるように、料理を作ってあげる程度であれば、ダメ男を育てることにはなりません。
 
 マズいのは、洗濯・掃除・炊事すべてをやってあげてしまうことです。

4)男にお金は出させない!『財布女子』

 デートで割り勘してくれる女性は、男性にとって非常に好印象です。
 
 しかし、男性が『今日は出します』と言っているときでも、『絶対に割勘!』『結構です!』と引き下がらない女性の印象は劇的に下がります。
 
 付き合ってからも、男性が『こちらが出す』と言っているにもかかわらず、平等だからと拒否し続けると、男性は『俺って頼りない?』とプライドをへし折られてしまします。
 
 男性の一部には、女性にご馳走出来ているという点が、自分のプライドを満足させ、モチベーションになる人もいますからね。
 
 さらに最強のダメ男製造機!は『お金出してあげる女子』です。
 
 まさに『まさにお母さん』ですね。

5)彼のことはなんでも許してしまう!『優しさMAX女子』

 優しい女性は、男性の結婚相手としても非常に高い人気があります。 
 
 でも、その優しさにも、限度があるべきで、彼氏が何をやっても許してしまう女性の場合は、正にダメ男製造機と言えるでしょう。
 
 例えば、恋人としての一線を超す『浮気』などを許してしまう女性は多いですが、これ一度許すとくせになり、男性によっては『この子は何しても許してくれるだろう』と甘える人も存在します。
 
 こういう組み合わせのカップルの場合、男性がダメ男に転がり落ちていくのはあっという間です。
 
 優しいことは罪ではありませんが、なんでも許すのではなく、筋の通ったことに対しては優しく、曲がったことに対しては怒るというメリハリが大切です。
 
 たったそれだけで、おかん女子ではなくなります。

6)いつも何かに怒ってる?『イライラ女子』

 彼氏と会うたびに、何故か起こっており『イライラ』している女性はいらっしゃいます。
 
 こういう女性の場合、愚痴や悪口が多い傾向にあり、それを彼氏に話していることが多いです。
 
 これは正にネガティブな思考構造に他なりませんし、こういう女性と一緒にいると、彼氏にもその性格が移ってしまいます。
 
 悪口が多く、イライラしていて、愚痴が多い人は、何かにつけて成功できないマイナス思考の典型的パターンですから、彼氏にそれが移ると、カップル2人とも不幸のスパイラルに入っていくというトンデモない事態に突入します。
 
 『イライラ女子』は、まさに、ダメ男製造機だといえるでしょう。

7)半年ぐらい夜の生活がなくても平気だけど(笑)『干物女子』

 『おかん女子』の王道です。
 
 性欲の低すぎる干物女子の場合、男性は、『女として』の魅力を彼女に感じなくなり、結局、浮気に走ったり、彼女を大切にしなかったりと、ダメ男に成長して試編みます。
 
 カップルが長年いい関係で、お互いに堕落しない生活を送るための理由として、『夜の生活』が充実しているというのも一つの理由になり得ます。
 
 アメリカで夫婦仲について調査した研究では、夜の生活の回数が、カップルの仲良し度に関係しているという調査結果も報告されています。
 
 そういう夜の生活がなくても全然OKという女子は、男性からすると『おかん』そのものですし、男としての活力もわきませんから、ダメになっていくものです。

最後に男の本音

 いかがでしたか?
 
 ダメ男は世にたくさん生息していますが、その男性も元からダメ男だったわけではないのかもしれませんね。
 
 (もちろん、その人の性格が一番大きくダメ男ぶりに寄与していることは当然のことですが)
 
 結局、男は甘やかすとダメになっていく可能性が高くなるということです。
 
 自分の目指すところなどがなければ、楽に生きていきたいと思うものですからね。
 
 家族を養う!とか、女性にモテる!だとか、仕事でいい成果を上げたい!だとか、そういう気力の支えがないと、誰しも楽をしたいものですから。
 
 男はあまやかしちゃいけません(笑)

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top