同棲中は禁止ッ!『急な帰宅』が別れの原因となる3つの理由

同棲中は禁止ッ!『急な帰宅』が別れの原因となる3つの理由

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 322

同棲中の急な帰宅が危険な理由

 同棲生活は、結婚の予行演習的な位置づけとして考えるカップルは昔よりは断然多くなってきました。
 
 今では、『結婚するにあたって同棲をしないとこわい』という男性は多数派になりそうな勢いです。
 
 (男性にとっても女性にとっても、パートナーによって人生が左右されますから、リスクを嫌う現代人からすると当然の思想なのかもしれませんね)
 
 そんな同棲ですが、同棲中些細なことですが、気をつけたい項目があります。
 
 それは『急な帰宅』です。
 
 同棲中でも、結婚生活中であっても、やはり配慮のない『急な帰宅』は相手へストレスを与え、不信感を与え、結果として別れの原因に発展しかねない元凶を孕んでいます。 
 
 この記事では、同棲中の急な帰宅がどれほど、2人の関係に亀裂をもたらすのか、その理由を男の本音から紹介していきたいと思います。

Sponsord link

結婚生活も、同棲中も同じ!

 
 タイトルでは、同棲中の禁止行為のような感じでタイトル付けをしていますが、ここで各内容は、もちろん結婚生活にも当てはまります。
 
 同棲中の心得が、そのまま、結婚生活を良好に進める一つのコツになります。
 
 同棲は、結婚生活の予行演習と考えるカップルは多いですし、同棲の段階から、急な帰宅の危険性に関して認識することで、より一生良好な関係を築くことができます。

同棲中は禁止ッ!『急な帰宅』が別れの原因となる理由

人間関係に難有りと思われる

 同棲中の急な帰宅・・・男からすると、急に予定変更になるような時間にルーズな友人・知人と関係を持っているのではないか?と勘ぐられてしまいます。
 
 つまり、ドタキャンをして、相手を軽く見てしまうような人間と知人・友人関係を維持しているのではないと。
 
 そして、同性彼女には、そのようなルーズな人間関係しかないのかと、その人間関係を疑ってしまう男性は少なくないはず。
  
 他にも、人間関係の難有りを疑われるにとどまらず、例えば、不倫関係・浮気関係の疑いを持ってしまう男性がいても不思議ではありません。
 
 特に、不倫は、相手が妻子持ちであれば、ドタキャンが当たり前のようなイメージがありますし、事実、そういう関係が不倫であったりします。
 
 このような事実は、男女問わず、一定の人生経験を積んでいる人からすれば、周知の事実ですから、同棲中ドタキャンによって、急な帰宅が多いという状況が続けば、疑る深い男性であれば、最悪のケースを疑ってしまう可能性は全くの0ではありません。
 
 自分は何気ない気持ちで、急な帰宅を繰り返していたとしても、パートナーによっては、同棲彼女の行動を悪い方向に解釈してしまうおそれがあるのです。

浮気していないかのチェックと思われる

 
 事前に同性彼女から聞いていたスケジュールとは違った形で、同性彼女が急な帰宅をしてきたら、多くの男性は、『あら?俺って浮気チェックされてる?』と思ってしまいます。
 
 これは、決して少数派ではなく、多くの男性は上記のように思い、心底不快な気持ちになると思われます。
 
 仮に、男性側が完全無欠の潔白であり、自分に全くやましい点は無いと考え、事実完全無欠の潔白であるケースであっても、同性彼女に『疑われているかもしれない』『信用されていないかもしれない』という、ドロリとしたダークな感情は、ボディブローのように、2人の関係に暗闇を落とす原因になりかねません。
 
 些細なことですが、このような感情から、次第にすれ違いが生じ、小さなことでお互いを信用できなくなってしまうかもしれません。
 
 そのようなすれ違いが結果として、2人の別れの原因になってしまう可能性は否定できません。
 
 特に、スケジュール変更が生じ、予定していた時間より早く同性彼女が帰宅するケースで、『事前に連絡が無い』場合は、男性の心は、『じうbンは疑われているのだ』という気持ちに傾きがちです。
 
 当然ですが、同棲中にとどまらず結婚生活においても、お互いの信頼関係は非常に重要なポイントであり、絆の根幹となる重要な礎です。
 
 カップル感で信頼関係を確固たるものにしたいならば、そもそも『相手を疑う行動』と取られる行動をとってはいけません。
 
 同棲中、絶対に禁止したい別れの原因となる行動と言えるでしょう。

まず相手を信頼することが重要

 いい恋人関係や、いい夫婦関係を築く上で、お互いの信頼関係って非常に重要です。
 
 でも、中には、相手を信用できない人も存在します。
 
 そう言う人に限って、まず相手を疑って掛かり、自分から信用する努力をしていなかったりします。
 
 結局、人は疑われると、自分を疑う相手に誠実な行動を見せようとはせず、信頼関係を築くキッカケを失います。
 
 誠実だった男性が、ある心配性の女性と付き合って、かつて一度もしなかった浮気に走ったという話は珍しくもなんとも無いエピソードです。
 
 お互いに確固たる信頼関係を気づきたいならば、『とにかく信用させてよ!』と相手に求めるばかりではなく、まずは無条件に相手を信用してみる器が重要だったりします。

同居人への配慮が足りず、結婚相手としてはNGと思われる

 同棲中の突然の帰宅、別れの原因となる最後理由は、『配慮が足りない』この一言に集約されます。 

 同棲中でも、結婚生活でも、やはりプライベートな時間って非常に重要です。
 
 カップルの一方が、外出しており、もう一方は自由な時間を謳歌できると思っていたにもかかわらず、事前連絡無く急に帰宅されては、『いつ帰宅するかわからない』という不快感で、自由な時間を楽しめないという男性は多いです。

 やはり、自ゆな時間はそれなりに自由に過ごし、急に害されたくはないもので、急な帰宅というのは、その自由な時間を一気にぶち壊す、極めてストレスレベルの高い行動だったりします。
 
 また、事前に連絡なく急に帰宅するパートナーに対しては、純粋に『配慮がないな』と思う男性は多く、結局、結婚しても、このような緊張が続くのは厳しいと、結婚を拒絶させる大きな理由の一つになり得ます。
 
 男性は、自由な時間に割り込まれることを極端に嫌いますから、そいう意味でも、急に帰宅する場合、スケジュールと違う時間に帰宅する場合、そう言ったケースでは、相手への配慮からも、事前連絡は徹底したいものです。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR

最後までお読みいただきありがとうございました

宜しければご感想をお聞かせください

サブコンテンツ


Top