『結婚迫られてる!?』と男がプレッシャーを感じる行動7つ

『結婚迫られてる!?』と男がプレッシャーを感じる行動7つ

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 425

男が結婚のプレッシャーを感じる行動

 男女恋人になれば、いつまでも恋人のままではいられない相手に出会うことはあるでしょう。
 
 最近では、晩婚化が進み女性も男性も結婚年齢が後ろ倒しになっていますが、しかしながらまだまだ、女性には結婚までのタイムリミットがあるという意見は根強く存在します。
 
 だからこそ、女性は結婚を急ぐあまり、男性に結婚を意識させるプレッシャーを思いがけずかけてしまいがちになります。
 
 よかれと思ってとった行動が男性にとっては恐怖の結婚圧力になっていることも少なくありません。
 
 この記事では、男性が『結婚を迫られている!?』と強烈なプレッシャーを感じてしまう、女性の行動を紹介したいと思います。

Sponsord link

『結婚迫られてる!?』と男がプレッシャーを感じる行動

1)『子供早くほしい』とつぶやく

 2人の将来を真剣に考えている素敵な彼氏でも、恐怖と思えるほどプレッシャーを感じる彼女の行動の一つが、『子供早くほしい』とつぶやく行動です。
 
 『子供ほしい』という言葉は、強く強烈に結婚を意識させる一言ですから、あからさまに結婚を意識させる言葉に対して男性は強烈なプレッシャーを感じるはずです。
 
 それほど、結婚を意識していない彼氏の場合、この一言で逃げてしまう可能性も孕んでいる・・・それほど強烈な一言です。
 
 仮に、『将来は今の彼女との結婚を考えているが今はタイミングではない』と考えている男性でも、『うえぇ・・』とプレッシャーを感じてしまうはずです。
 
 子供に関しての発言は、『ほしい』という結婚を連想させる直接的な言葉よりも、『子供可愛いね』といった、当たり障りのない一言にとどめるのが無難でしょう。
 
 この程度の感想であれば、かえって、『素敵なお母さんになるかも』と惚れなおす男性も多いはずです。

2)やたら同棲したがる

 特に、付き合って間もないカップルであるのも関わらず、『一緒に住みたいね』とか、『一緒に住むと将来に向けて貯金できるよ』とか、同棲に関わる提案をするのはNGです。
 
 男性は、『え?この子結婚を焦ってるの?』と強烈なプレッシャーを感じてしまいます。
 
 最近では、結婚前に同棲をする男女のカップルは多い傾向にありますし、同棲=結婚の予行演習といった考えを持つ男女は多数派になってきていますから、同棲という言葉には敏感な男性は多いはずです。 
 
 付き合って間もないにもかかわらず、やたらと一緒に住みたい発言をすると、彼氏(男性)は強烈なプレッシャーを感じてしまうため控えた方が無難です。
 
 同棲を提案するならば、ある程度2人の信頼関係も築けており、真剣に結婚を意識し始めてからでも遅くありません。

3)目立つように結婚情報誌を読む

 
 彼女の部屋に行った時、テーブルの上などにこれみよがしに結婚情報誌が置いてある・・・そんなシーンを見せつけられると、『やべ!結婚してって言われてる』と恐怖に震える男性は多いはずです。 
 
 彼氏に結婚を意識させる一つの手段として、有名な方法ですが、万一彼氏が結婚を意識していなければ、彼氏に対してプレッシャーをかけるばかりで、別れにつながる諸刃の一手とも言えます。
 
 特に、付き合い始めて間もないころに、このような行動を彼女がとった場合、極めて大きなプレッシャーを感じてしまう男性は多数いるはずです。
 
 このような行動(作戦)は、十分に2人の関係が成熟した時こそ、最大の効果を発揮しますので、プレッシャーをかけるタイミングを選ぶ必要があります。

4)付き合って間もないのに両親に合わせようとする

 両親に会う=結婚と考える男性は多いはず。 
 
 彼氏には家族を紹介するという女性もいらっしゃるようですが、正直、そういう彼女の行動に免疫がない男性からすると、『え?結婚?』と、ド直球なプレッシャーを感じてしまいます。
 
 特に、ちゃんとした『結婚までの順番』を守るタイプの男性からすると、結婚の2文字を意識せずして相手の両親に会うことはできないはずです。
 
 仮に、彼女サイドが、気軽に両親を紹介しようとしているとしても、堅い考え方の彼氏であればあるほどに、強烈なプレッシャーを感じるはずです。
 
 気軽にオープンに両親に紹介したいと思う場合、彼氏がどのようなタイプの男性か見極めてから行動に移すことが大切です。

5)リアルな年収や家族の話を聞きたがる

 
 リアルな年収・月収の話を聞いてくるとか、家族の状況や実家の資産状況を聞いてくるとか。
 
 このような質問を彼女にされると、いわゆる『値踏み』されている気分になり、気分が悪い男性は非常に多いはずです。 
 
 加えて、結婚前の調査をされているようで、結婚に対するプレッシャーを感じてしまうはずです。
 
 2重の意味で、非常に気分の悪い彼女の行動であるといえるでしょう。 
 
 リアルな年収・月収の情報や、家族の状況については、結婚をするうえで非常に重要な情報であると言うことは認めますが、付き合って早々にする質問ではありません。
 
 上記のような情報は腰を据えた付き合いをして、お互いに信頼関係を築けば自然と得られる情報ですから、焦らず情報収集に励みましょう。
 
 大抵、付き合いが長くなり彼女を信頼すれば、男性は自分で話始めます。

6)羨ましそうに友達の結婚式の話をする

 友達の結婚式から戻ってきて、羨ましそうに結婚式の話をする彼女を見ると、大抵の男性は『うぉぉ・・結婚を迫られてんじゃねーか?これ?』って思い、強烈なプレッシャーを感じてしまいます。
 
 単純な報告であったとしても、彼氏がまだ結婚を意識していない場合は、居心地の悪い状況であることは確かでしょう。
 
 確かに、友人の結婚式は素敵な瞬間で、素晴らしい出来事であるかもしれませんが、あまりにも羨ましそうにそのことを話すと、男性にとっては多大な攻撃(プレッシャー)となってしまうため、ほどほどの報告でとどめましょう。

7)自分の年齢を気にする発言が多い

 『私もとうとう〇〇歳かぁ・・』等、自分は若くないといった趣旨の発言は、男性に対して結婚のプレシャーをかけるド直球な行動であると思われます。
 
 自分はもう若くない的な発言は、男性にとっては『もうそろそろ結婚してよ』と聞こえます。
 
 彼女側は純粋に若くない発言をしているのかも知れませんが、女性にはタイムリミットがあるという世間の風潮からも、男性は、結婚適齢期にある女性の若くない発言には敏感です。
 
 いくら鈍感な男性であっても、女性の若くない発言を聞くと、結婚を連想してしまうでしょう。
 
 若くない発言は、男性に無駄なプレッシャーをかけるだけでなく、女性としての素敵度も低下させてしまう要因になるため、そういったマイナス発言は控えるようにしましょう。

彼氏に自然に結婚を意識せるには?

 
 彼氏に自然と結婚を意識させる方法。
 
 男が本音で語ると、辛い時も、苦しい時も、ただただ自分の見方でいてくれる。
 
 これに限りと思います。
 
 もちろん、そのような女性側の誠実な態度に応えてくれる資質が彼氏に備わっている必要がありますが、まともで誠実な男性であれば、上記の態度できっと結婚に至れるはずです。
 
 逆に、誠実な態度に対して同じ態度を返さない男性は、結婚相手としてはふさわしくありませんので、さっさと切り捨てる方が正しい選択だといえるでしょう。
 
 なかなか、理想論のように聞こえますが、男性陣からは、普通に聞こえてくる『今の奥さんを選んだ理由』ですから、決して的外れな意見ではないことは自信をもってお伝えしたいと思います。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR

最後までお読みいただきありがとうございました

宜しければご感想をお聞かせください

サブコンテンツ


Top