『新しい女ができた?』突然別れ話を始める男の本音7パターン

『新しい女ができた?』突然別れ話を始める男の本音7パターン

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 429

突然お別れ

 『別れよう』
 
 そんな悲しい一言を、突然に男性(彼氏)の口から聞いてしまった女性は、たくさんいらっしゃるはず。
 
 突然の別れ話はよくあることですが、男性も女性も、その裏側には必ず口で伝える理由とは別に、『本音』があるはずです。
 
 この記事では、男性が突然の別れ話をし始める時の、代表的な本音パターンを列挙してみました。
 
 『あの時の別れ話の理由本当かな?』なんて疑問に思った女性は、あの時の男性(彼氏)の本音を探ってみましょう。

Sponsord link

突然別れ話を始める男の本音

1)浮気が本気になった

 突然別れ話を始める男性の本音で最悪なパターンがこれ。
 
 ちょっとした『つまみ食い』だったはずなのに、浮気が本気に発展してしまうパターンですが、このパターンは『突然の別れ話』では一番多い男の本音であるとも言えます。
 
 このパターンに該当する男性の態度は特徴的で、大抵、女性側は交際中に『あれ?うまくいってない?』と感じることが多くなってきます。
 
 感覚の鋭い女性ならば、もしかすると、『近いうちに別れることになるかな?』と気づいてしまう場合もあるほど、男性の態度は冷たくなりがちです。
 
 とはいえ、突然の別れ話を切り出した男(彼氏)の本音が、『浮気相手に本気になった』という場合、そういう男性と長く連れ添っても、トラブルが続出することは目に見えていますから、『分かれて正解!』なんて前向きな気持ちで受け入れる方が、将来的には幸せになれるかもしれませんね。

2)単純に一人になりたい

 『恋愛に疲れちゃった』という本音を男性が抱いている場合、突然の別れ話を始めてしまう可能性があります。
 
 これも意外と多い男の本音でしょう。
 
 というのも、やっぱり恋人がいると、気を使ったり、いろいろサプライズしたり、デートプランを考えたり、『最近マンネリだな』なんて悩んだり、恋人への不満を上切れられない自分を不甲斐ないと思ったり・・・。
 
 たくさんの悩みが出てきます。
 
 生真面目な男性程真面目に悩みますので、結局『一人になった方が楽かも』なんて彼女に突然別れを言っちゃたりします。

 生真面目な男性のタイプに、多い突然の別れ話をし始める典型的な本音パターンです。 

3)一人の時間がほしい

 
 同棲しているカップルの男性側に特に多い理由だと思います。
 
 女性は『いつも一緒の空間でいたい』という方が多いような気がしますが、男性の場合は、プライベートスペースをかっちりと確保したい人が多いです。
  
 パートナーに言えない趣味がある人もいるでしょうし、集中して何かに取り組みたい人もいるでしょう。
 
 でも、女性からすると、男性が物事に夢中になって会話に応じてくれないとうな場合『かまってくれない』とか『冷たい』とか『ほったらかしにされている』とか、意味不明な解釈をされる方がいらっしゃいます。
 
 男は、自分のやりたいことに集中したい時があるのです。
 
 そして、その部分が、自分の人生において極めて重要な事であるならば、それを邪魔する存在をうとましく思うようになります。
 
 その疎ましい存在がもし、『今の恋人(彼女)』であるならば、突然の別れ話の本音は、『一人の時間が欲しい』といった本音になるのでしょう。

4)金欠

 最近では珍しいタイプでしょうか?
 
 男性の中には、『彼女におごってあげられない』事に、多大なプレッシャーと、羞恥心を感じるタイプの男性が存在します。
 
 そういう状態が長く続くと、『自分はまだ恋人(彼女)がいてはいけない人間なのだ』と自分を卑下するタイプの男性は少なからず存在しています。 
 
 今の時代?(私もその年代ですが(笑))割り勘派が多い時代ですけれども、『金欠で彼女を楽しませることができないから』という男前な本音で突然の別れ話を始める男性は確かに存在します。
 
 こういう男性は、かなり将来期待できますので、逃してはなりません。
 
 (出世していく人程、金払いがいいというのは、はっきり言って正解です。) 

 女性(彼女)側が『助けてあげる』といって、それに甘えるような場合はダメで、さっさと別れた方がいいですが、収入を上げるために工夫するタイプの男性であれば、将来は非常に期待が持てます。

5)実は別れたくない

 本気の別れ話ではない!?なんて本音パターンもあります。

つまり『相手の気持ちを試す』タイプの行動です。
 
 大抵、この本音パターンに当てはまる男性は、『自分が優位に立ちたい』『自分に自信がない』『愛情に飢えている』『感情的になりやすい』という特徴を持っています。
 
 『別れる』『別れない』という話は軽々しく切り出すものではなく、いわゆる伝家の宝刀ですから、それを『相手の気持ちを試す』程度のことで振り下ろすなんてもってのほかですから、対応としては、好きなように対応してOKでしょうが・・・。

 この本音パターンは少しやっかいで、結局、相手(彼氏)の本音は『別れたくはない』ですから、少し扱いに困ります。
 
 セオリー通りに、『追わない』という選択肢もあるでしょうが、『このまま付き合いたい』というのが自分の本音であれば、それに従って自分から『別れない』と相手を追ってみるのもいいのではないでしょうか?
 

6)遊び相手だった

 取り敢えず、『暇つぶし』であった場合。 
 
 これは、1)に続いてよくある突然の別れ話の本音パターンです。
 
 道徳的な議論はおいといて、今の女性(彼女)は結婚も考えていない、単なる遊び相手ですから、飽きれば代えたいと思う男性の思考は非常に合理的ではあります。 

 モテる男性ほど、遊び相手として付き合う女性は多くなりがちで、私の周囲でも、そういうタイプのだん男性は珍しくありません。

 最も、最悪なパターンは、相手が既婚者だったというパターンです。
 
 知らず知らずのあいだに不倫関係を維持していたことに気づけば、ショックを受ける女性は非常に多いと思いますから、このパターンは特に最悪なパターンだといえます。
 
 こういう男性は、1)についで、一緒にいても幸せに離れないタイプの男性ですので、さっさと別れ話に乗ってあげるのが吉です。
 

7)結婚を断念した

 『長年付き合っているのになんで?』というパターンです。
 
 そういう場合の、男性から切り出す突然の別れの本音は、『結婚を断念した』というものであることが多いです。
 
 『長年付き合ってきたけれども、結婚するにあたってどうしても気に入らないポイントがある!』
 
 そういう悩みを抱えて1年・2年なんて本音パターンが一般的でしょう。
 
 このようなケースでは、『もう結婚はないならば早めに女性(彼女)を開放しよう』とか『新しい人をみつけよう』とか、男性は本音での決断を下すことになります。
 
 突然、別れを切り出され、長く付き合ってきていた場合、男性の本音は『結婚を断念したから別れる』というところにあるのかもしれません。
 

本音一覧

  • 1)浮気が本気になった
  • 2)単純に一人になりたい
  • 3)一人の時間がほしい
  • 4)金欠
  • 5)実は別れたくない
  • 6)遊び相手だった
  • 7)結婚を断念した

最後に男の本音

 いかがでしたか?
 
 意外と多い突然の別れ話ですが、別れ話の裏には、男性も女性も必ず何らかの『本音』を抱えているものです。
 
 女性には女性特有の。
 
 男性には男性特有の。
 
 是非、『なんであんなにいきなり別れ話なんだよ!』と思うような場合、ここにある男の本音を参考に男性(彼氏)の行動を分析してみると悲しみが和らぐかもしれません。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR

最後までお読みいただきありがとうございました

宜しければご感想をお聞かせください

サブコンテンツ


Top