『彼女にしたい・・・!!』男にそう思わせる10の最低条件

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 418

PAK99_datesuruhutari20140301500

 『あの人のことが気になるし、相手もまんざらでもない』
 
 『でも・・』
 
 『いつも微妙な距離感で・・・・。なぜあの人は告白してくれないの??』
  
 ズバリ!!!
 男のホンネをいうと、意中の人にあなたを彼女にしたいと思わせるためのあとひと押しが足りないのかもしれません。
 
 何かが引っかかる。
 
 遊び相手としてはいいけど、彼女としてはちょっと・・・。
 
 あなたが最低限の条件を装備していないばかりに、彼女にしたいと思わせられないのかもしれません。
 
 男のホンネといえば、『どんな本音が飛び出すのッ?!』と身構える方も多いでしょうが・・・。
 
 別に大した条件でははありません。
 
 多くの男性が挙げた条件・・・さぁ早速確認してみましょう。

sponsord link

男のホンネ・・・彼女に最低限求めるもの

1)ウソをつかない人であること

 ウソを平気で付ける人と恋人にできる人は少ないでしょう。
 
 ウソつきは相当の忍耐がある人でも信頼はできませんので、恋人同士の信頼関係が気づけないことははっきりしています。
  
 男のホンネにかかわらず、男女とも『ウソをつかない』を恋人の条件として挙げる人は非常に多い傾向にありました。

2)マナーがしっかりしている

 マナーは大切ですね。
 
 デートするにしても、どこかに旅行に行くにしても、『マナー』がなってないと、恥をかくことになります。
 
 食事に行きたくても、普段からマナーを知らない人だと思うと、どうしてもレストラン等には連れていけません。
 
 最低限のマナー。
 
 この項目も、男のホンネにかかわらず男女共に恋人に求める条件として挙げる人は多いのではないでしょうか?
 
 意外と男はマナーを見ています。

3)いい具合でキレイ好きであること

 
 いい具合・・・これがポイントです。
 
 キレイ好きなのはいいですが、あまりにも潔癖だと困りますし、逆にあまりにもだらし無いとまたまた困ります。
 
 男のホンネとして、彼女の部屋はテーマパークよりウキウキできる楽園です。
 
 いい具合に綺麗好きであれば、彼女の部屋におじゃましてガッカリする可能性も低くなります。
  
 彼女の部屋が、いわゆる『汚部屋』・・・『え!?俺片付けることになるかも・・・』そう思ってしまえば、彼女にしたいと思う気持ちに急ブレーキのみならず、サイドブレーキまでかけてしまいます。
 

4)金銭感覚が派手でなく似ていること

 『無駄に金のかかる女』は遊び相手でお願いします。
 
 これが包み隠さない男のホンネ。
 
 誕生日にお祝いをすること、普段のデート代を負担すること、イベントで彼女に楽しんでもらうこと、彼女にプレゼントを贈ること。
 
 いくらでもさせてもらいたいと思う男性は多いはず。
  
 でも、金銭感覚が全く違う人だと、喜んでもらえる機会も減ります。
 
 自分では頑張ったつもりのプレゼントも、彼女の金銭感覚が高級であれば『え?大切にされてない?』なんて思う人もいるでしょう。
 
 金銭感覚が違うことは、良好な関係を築けず、幸福な未来が想像できません。

5)気遣いができること

 細かい気遣いこそ、女性の魅力の一つ。 
 
 そう思う男性は、多いです。
 
 必須ではないけれど、少し気遣いをしてもらえると惚れちゃう。
 
 これができると、男はトキメキます。
 
 ちゃんとした理由を申し上げると、気遣いができる人は、相手の立場に立って物事を考えることができる人でもあることが想像できるのです。
 
 相手の立場に立って物事を考えることは、よい恋人関係を築く上で本当に大切です。
 
 男性が女性に男性ならではの気遣いをすることが魅力になるように、女性にも女性特有の気遣いを求める男性は非常に多いことは事実です。
 

6)浮気をしないこと

 仕事もあるし、人生の悩みもある。
 
 そんな中で、浮気性の女性と本気で付き合う男性は少ないでしょう。
 
 ストレスの多い一日を過ごし、あえて恋愛でもトラブルを引き受けようという男性は少数派。

 これは女性も同じはず。

7)言葉遣いが下品でないこと

 言葉が下品であると、『今までどんな人生を過ごしてきたのッ!?』と人間性を疑う男性は多いようです。
 
 言葉が下品というのはごく一般的な条件ですが、『お店で店員さんへの態度が横柄』という項目を挙げる人も多いですね。

8)ポジティブであること

 
 男のホンネとして、彼女にしたい人に求める条件でも大切ですが、人間関係でも、マイナス思考の人は嫌われる傾向にあります。
  
 やはり、自分の恋人にはポジティブであってほしいと思うのは男心でしょう。
  
 マイナス思考のスパイラルに陥っている人と一緒にいると本当に疲れますから、これは当然の項目として挙がってきたのでしょう。

9)依存症でないこと

 毎日仕事や、学校、趣味で忙しい。
 
 そんな人ほど、この条件を挙げる人が多いように思います。
 
 僕個人の内輪の話で申し訳ありませんが、『依存する彼女』を嫌う男性は、ほぼ100%に近い。
 
 できれば彼女には自立していて欲しいと思う人ばかりです。
  
 依存には、いろいろありますが、金銭的依存・精神的依存は男性に嫌われるでしょう。
 
 金銭的依存は読んで字のごとく、精神的依存は、例えば連絡がないと騒ぎたてるなどです。

10)話を聞いてくれる

 女性が『おしゃべり』が好きなことは世間では一般的な共通認識だと思います。
 
 男性はどちらかというと、他人に話すことを選ばず、自分の中で消化する人が多いですが、それは悩みであったり、自分の失敗であったりと、自分の失態についてです。
 
 でも、自分が上手くやったことについては、彼女に話を聞いて欲しいということもあります。
 
 男性の話を極端に嫌がる女性もいらっしゃいますが、男のホンネでは、そういう女性とは友人以上のお付き合いはご遠慮いたしますというところでしょう。

おさらい♪

  • 1)ウソをつかない人であること
  • 2)マナーがしっかりしている
  • 3)いい具合でキレイ好きであること
  • 4)金銭感覚が派手でなく似ていること
  • 5)そこそこ気遣いができること
  • 6)浮気をしないこと
  • 7)言葉遣いが下品でないこと
  • 8)ポジティブであること
  • 9)依存症でないこと
  • 10)話を聞いてくれる

まとめ

 以上、男性が彼女にしたいと思うための、最低限の条件を紹介してきました。
  
 これは、多くの男性から意見を得てまとめたものですが、そう難しいことでも無いことばかりです。
 
 今まで、普通に生活してきて、少々人に優しくするための心をもてている人であれば、この項目は余裕でクリアできるはずです。
 
 この項目を見て面白いのは、伝統的な女性への条件である『料理ができること』という項目が挙がっていないのは興味深い点ですね。
 
 男性は、女性に特に技術的なことではなく優しさを求めているということでしょうか?
  
 僕自身も、自分自身が家事全般をほぼ不足なくこなすことができるので、彼女には特に家事・料理等は求めていません。
  
 今の時代、男性も自分の事は自分で!と考える人が多くなってきたということでしょうか。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top