結婚は絶対ムリッ!男が心底嫌がる結婚対象外女の特徴21パターン

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 1237

結婚対象外女

 あなたにも、『こんな男性との結婚は絶対ムリッ!!』と絶叫する様なタイプの男性は必ず、いくつか思い浮かぶはずです。
 
 それと同じように、男性にも、『こりゃ結婚は考えられねーわ!』と考える女性の特徴は存在します。
 
 世の中は、未だに婚活がブームの真っただ中ですが、『今年中に結婚したいッ!』なんて女性はたくさんいらっしゃるはずです。
 
 そこで、この記事では、男性が本音で語った場合、どのような女性の特徴(性格や性質・態度等)が結婚対象外女となってしまうのか?ざっくりとまとめてみました。
 
 ここで記述した項目に該当する人は、『ちょっとヤバいかも』なんて思って改善を目指しましょう。
  
 正直、どれも、一発アウトになりかねない特徴です。

男の本音・・結婚対象外女の特徴

1)料理が雑い

 『男の胃袋をつかむ』とはよく言われる話ですが、料理が下手すぎる女性は、男性が結婚対象外と考えてしまう女性代表的な特徴です。
 
 具体的に『下手』というのは、個人差のある概念ですが、ザッとイメージを説明すれば、『改善の見込みの無い料理下手な女性』等は、明らかに結婚対象外女の典型だと思います。

 特に、努力しない料理下手は、瞬時に、結婚対象外女のレッテルを貼られることになるでしょう。
 
 『料理は女性がするもの』と決めつけない男性は多くなっていたものの、やはり結婚となると、『仕事から帰って美味しいご飯があるといいな~♪』なんて淡い期待をしているものです。
 
 にもかかわらず、『改善の見込みの無い、お世辞にも美味しいとはいえない料理を食べさせられる』と将来の地獄を想像してしまい結婚対象外女だなと思ってしまうのです。
 
 せっかく自分のために作ってくれたにもかかわらず、失礼な話ですがねぇ。
 
 ただ、私の同僚なども、『料理ができる奥さんはいいよ』と言っている男性は大多数なので、結婚を目指す女性は、この部分を甘く見ない方が得策です。
 

2)味覚が合わない

 こちらも料理に関する話です。
 
 やはり、結婚すると言うことは、毎日食べるものもほとんど同じになる夫婦が多いのが普通だと思います。
 
 だからこそ、『お互いの味覚が違う』場合、結婚生活では地獄が待っています。
 
 いずれかの味覚に合わせた料理を作ることになるのでしょうが、我慢している方は、常に自分では『ものたりない』と思って食事をしなければなりません。
 
 男性としては、自分の味覚とかけ離れた味覚の女性は、結婚対象外と思ってしまう人が非常に多いです。

3)ジャンクフードが大好き

 単純に将来が不安になります。
 
 その女性の体調も気になりますし、何よりも、子供が生まれた時が一番不安です。
 
 子供の食生活は、その両親の食生活に似ていることは周知の事実ですから、ジャンクフードばかりを好んで食べる女性は、子育てに置いても、子供の健康管理をちゃんとしてくれるのか不安となり、結果として結婚対象外女と考えてしまう男性は多いです。

4)子供が嫌い

 男性が結婚して何らかのメリットを享受できるとすれば、極めて合理的に考えたとして、現状、『世間に認められる形で子供を作る事ができる』との一点に尽きるかと思います。(他にも結婚のメリットはたくさんありますが、まぁ極論を書いているとお考えください)
 
 そうすると、やはり子供が嫌いな女性は、結婚対象外女となってしまいます。
 
 なぜって?当然ですが、将来子供は作ってもいいのだろうか?子供ができたとしてちゃんと子育てをこなしてくれるだろうか?なんて結婚した場合のあらぬ不難を抱く事になってしまいます。

 『子供は嫌い』という発言を女性から聞いたその瞬間、その女性は、ある男性にとっては、結婚対象外女の棚に整理されることになるでしょう。

5)衝動買いがひどい

 男が、『一発アウトッ!』なんて絶叫してしまう結婚対象外女の特徴です。
 
 やはり、女性の衝動買いを頻繁に見かけると、『この子は俺の給料を全部使うだろうな』『結婚すると苦労するだろう』と考えるようになります。
 
 『結婚は生活』なんて現実的な意見は、世の中では女性発信の意見のように語られる機会が多いですが、男だって、結婚に理想ばかり求めているわけではありません。
 
 少なくとも私の仲の良い友人たちは、皆、現実的で堅実で、シビアです。

 そんな、どちらかというと結婚向きな男性たちからすると、衝動買いを頻繁にしてしまう女性は、瞬時に結婚対象外女として考えられてしまいます。 

6)数字が苦手

 数学ができるかどうかなんてお難い話ではなく、単純に家計管理ができるのかな?なんて簡単な話です。
 
 最近は、『ゆとり世代』なんて表現もずいぶん浸透してきましたが、中には掛け算や分数の計算ができない方がちらほらいらっしゃるそうです。
 
 さすがに、生活の中で分数の複雑な計算式を使う機会なんてありませんが、少なくとも単純な掛け算や足し算くらいは『苦手』と言ってほしくはないのは当然です。
 
 でも、女性の中には、数字を使って計算をすることが『苦手』と話す方もいらっしゃいます。

 数字が苦手であることによって、すぐに『結婚対象外だ!』なんて言う男はそれはそれで器が小さいですが、『この子しっかりしていないな・・。』と結婚しない理由として数えられてしまう可能性もあります。

7)その日楽しければいい

 これは、将来設計がない、将来の計画性が無い女性と言い替えることができます。
 
 男女ともに、『その日楽しければ良い』というタイプは、正直、結婚に向かないと思います。

 女性でもそうで、男が、こういうタイプの女性を見かけると、『あぁ結婚対象外女だな』と瞬時にレッテルを貼ってしまうでしょう。

8)女を捨てている

 女性のが外見はよく男性の『経済力』に例えられますが、この『女を捨てている女性』は、男性に置き換えて例えるならば『働かない男性』をイメージして頂くと女性としては分りやすいかと思います。
 
 女性も男性も、その人の人生ですから自由に生きていけばいいですし、人の評価など気にしなくても全く問題ありません。
 
 でも、こと恋愛、こと結婚に置いては、男性にとって女性の外見は、ある程度重要な項目になってきます。
 
 もっとも、この外見というのは、別に顔が美人だとか可愛いだとか、スタイルが良いとか言う話ではなく、『女性らしさ』があるかどうかに尽きます。
 
 例えば、デートにジャージで来るとか、化粧はしない派だとか、髪ボサボサだとか、そういう女性の話です。 
 
 『そんな奴いねーよ!』という言葉が頭に当たって気絶しそうですが、少数ながらいらっしゃるのは事実です。
 
 こういう女性は、一発で結婚対象外女と男性から考えられてしまいます。
 

9)『仕事辞めたいから結婚したい』と本気で思っている

 絶対に男性の前では言ってはいけない一言です。
 
 前向きに、『専業主婦として貴方を支えたい』というのであれば、結婚対象として『いい子だな』と思う男性もいらっしゃると思いますが、『仕事辞めたいから結婚したい』という女性は、男性から『貴方は寄生虫ですか?』と心の中で反論されることでしょう。

 最近では、共働きが一般的になってきていますので、専業主婦志望の女性であっても、男性からは敬遠されがちな女性になっています。
 
 仕事をする気が無い女性は、一発で結婚対象外女になってしまいますので注意が必要です。

10)自分の両親と仲良くする気が無い

 結婚は恋愛と違い、家と家とのお付き合いになりますから、必ず両家の親族との付き合いが始まります。
 
 そして、自分の両親は、自分から最も近い家族ですから、その両親とですら仲良くできない女性は、結婚するとトラブルを招く恐れがある女性と思われてしまいます。
 
 他にも、特に、両親との仲が良好な男性だと、自分を育ててくれた両親と仲良くできない女性は、結婚してまで一緒にいたい女性と思えなくなってしまうのが男心です。
 
 世の中には、様々な男性がおりますので、一概には言えませんが、男性側の両親と仲良くできなければ、一瞬で結婚対象外女となってしまう覚悟は必要です。

11)金の切れ目が縁の切れ目

 お金が無くなる=別れとの価値観をもった女性は、結婚対象外女と思われてしまいます。
 
 もちろん、結婚は生活ですから、経済力がなければ苦労するのは目に見えていますから、これを否定する気はさらさらありません。
 
 でも、人生はいろいろありますから、男性だっていつ何時『働けなくなるか』分りません。
 
 この状況は、まともな男性からすれば、人生のドン底状態なのです。
 
 万一、そんな苦しい時代に陥った時、結婚したパートナーが、『支えてくれるのか?離れていくのか?』これは非常に大きな問題です。
 
 大抵、『金の切れ目が縁の切れ目女』の場合、人生で一番苦しい時代に、『支えてくれない女性』であることは明白です。
 
 男だってバカではありませんから、そのような女性は、結婚対象外女として近寄りたくないのが本音なのです。

12)家事ができない(する気もない)

 家事は女性がするものである。
 
 なんて古~い考え方は、私だって毛頭もちあわせておりませんが、やっぱり家事ができない女性は、お互いに協力して家のことを処理していくことができるのか不安をおぼえます。
 
 どうしても、家事能力は一般的に女性の方が高い傾向にありますし、家事を苦手とする男性は非常に多いので、結婚するに当たって『家事ができる女性かどうか?』という部分を重視してしまう男性は今でも多数派です。
 
 家事があまりにも苦手だったりすると、やはり結婚対象外女になり果ててしまいます。
 

13)夫の物は自分の物、自分の物は自分の物

 たまーにいらっしゃいますこういう女性。
 
 旦那は小遣い制なのに、自分は自由に家計から出費してもいいなんて考える女性です。
 
 こういうジャイアン気質の女性は、非常に嫌われますので、当然結婚対象外女の仲間入りです

 まぁ、これは男女問わず当たり前でしょう。 

14)浮気性

 浮気は男性がするものと思われがちですが、統計的データ―では、女性の浮気率と男性の浮気率は、ほぼトントンだそうです。
 
 浮気性の女性は、結婚してからも必ず浮気をしますので、当然、結婚対象外女の仲間入りです。 

 恋愛中の浮気は、『シャレ』で済みますが、結婚後の浮気は、これ『家庭の大事件』になってしまいますし、お世話になった多くの人に迷惑をかけてしまう、とんでもない事態ですから、男女問わず『浮気性』の人は、結婚に向いていません。
 
 浮気は一種の病気ですので、しない人はとことんしないですし、する人は『しない』といっててもやってますからねぇ。

15)プライドが高い

 プライドが高い女性は、一緒にいて落ち着きません。 
 
 結婚する女性には、多くの男性が『癒し』を求めますから、こういう女性は一瞬で結婚対象外女として敬遠されます。

16)夜の生活が苦手

 これは恥ずかしい話ですけれども、結婚生活においては非常に重要な話です。
 
 昔は認められておりませんでしたが、近年では、『夜の生活が無いこと』は、裁判でも離婚事由に該当するとの判断がなされるようにもなってきました。
 
 男性は生物的にも、女性より夜の生活が好きですから、これを苦手とする女性は、一発で結婚対象外女と考えられてしまいます。
 
 結婚すれば、『一生その女性だけになってしまう』と考える男性も少なくありませんからねぇ。
 
 その覚悟は、男にとっては尋常ではないのです。 

17)家庭環境に難あり

 この項目は、正直、一概には言えません。
 
 世の中たくさんの人がいらっしゃいますし、家庭環境の良し悪しで、その人自身の結婚適性は判断できないのが普通だと思うからです。
 
 ただ、特に、両親と仲のよい男性からすると、相手の女性の家庭環境がよくない場合、『何故?』と単純に疑問が浮き上がります。
 
 そういう男性の場合、将来のトラブルを避けると言う意味で、その女性を結婚対象外と判断してしまうことはあるでしょう。 

18)理想が高すぎる

理想が高い女性は『俺じゃ無理』と男性に思われる

 理想が高い女性に、男性が出会った場合、単純に『俺じゃ無理だわ』と思われる可能性が高くなります。
 
 その女性が、余程美人で可愛らしい人ならば、『頑張ってみようか』とも思うかもしれませんが、これを『面倒』と思っちゃう男性の方が圧倒的多数です。
 
 『草食男子』なんて言葉が登場して久しいですが、昔の男性と比べて、年代の若い男性は、そこまで女性を口説くことに心血を注いでいませんから、あまりハードルを高く設定してしまうと、男性の挑戦する気を削ぎ取ってしまうのです。
 
 結局、恋愛関係にすらならないことも多く、結婚の段階まで行き着きません。
 
 その結果、男性から、結婚対象外女と思われてしまることが多いのです。
 

理想が高いと結婚のハードルも極めて高くなる

 男性も女性も『結婚しよう』と行動を開始するにあたって、自分の『理想が高い』などのこだわりがある人の場合、それが結婚への高いハードルになっちゃいます。
 
 例えば、女性が男性に求める結婚相手の理想で、『年収500万円以上』という数字はあまりにも有名ですね。
 
 でも、年収500万円以上の男性って、全体の数十%くらいしかおらず、中小企業なら役職クラスの年収です。
 
 結婚適齢期の25歳~35歳くらいの男性で、500万円以上年収がある人は、私の周囲でも、超一流一部上場企業で勤務している人や、起業している人、医者・会計士・弁護士くらいです。
 
 上記の年齢幅ではなく40歳を超えてくれば、年収500万円をを超えている人は、意外にもゴロゴロいらっしゃいますが、結婚適齢期と言われる若い年齢層の男性では、まだ『これから』という段階ですので、そうそう年収500万円を超えている人は見かけません。
 
 つまり、理想が高いと言うことは、それだけ、ターゲットが狭いと言うことですから、その分出会いの数も狭まるということなのです。
 
 そして、その少ない出会いから、さらに『自分にフィーリングが合って、思いやりがある人』なんて条件を付けたすと、もう出会いの確率は天文学的な数字になり果ててしまします。
  
 さらに、もう一つ条件を加えて・・・例えば『センスが素敵』なんて条件を付け加えるなどすれば、残るはまさに超人のような男性くらいのものです。

 そういう男性は、とっくの昔に結婚している場合が多く、必然的に出会う機会も希少になりますし、出会っても恋愛に発展するためには女性のもそれなりの度量が必要になってきますので、さらに進んで結婚に至るのは奇跡的な確率となります。
 
 条件が多い人ほど、結婚できないというのは、普通に数字をはじき出せば、ごくごく当たり前のことなのですね。 

19)自分の価値と、男へ求める価値(対価)が釣り合っていない

 世の中は本当によくできているもので、ほとんど絶対の法則である『つりあい』という運命からは逃れられません。
 
 『なんだか不釣り合いなカップルだな』と思って眺めてみても、よく話を聞くと、ほとんどすべてのカップルがどこかで『つりあい』がとれていたりするので不思議です。
 
 この『つりあい』の法則から考えると、結局、男へ求める価値が高い女性というのは、それとつりあう『自分』を築き上げていかなくてはいけません。
 
 にもかかわらず、よくいる男へ不釣り合いな価値(対価)を求めている女性は、自分のことは棚にあげて、男にばかり理想を求め、価値(対価)の要求をしていたりします。
 
 そんな態度を、男性が見てしまえば、『あぁこの子は求めるばかりで、自分を振り返ることはしないのかな?』『こういう子と結婚すると大変だろうな』と結婚対象外女のレッテルを貼った後、一目散に逃げ去ってしまいます。
 
 この不公平感は、女性でも十分にご理解頂ける心境ではないでしょうか?
 

20)感情の起伏が激しい(暴力的)

 何かあると、冷静に対応できずに、感情的に『怒る』『落ち込む』など、感情の起伏が激しい女性は、多くいらっしゃいます。
 
 このような女性は、男性にとっては『重荷』以外の何物でもありません。
 
 結婚生活では、様々なトラブルが生じますから、その事態一つ一つにいちいち、怒ったり泣いたりしていたら話になりません。
 
 また、何でもかんでも感情的になって、他人にかみついている様な人は、何でもないトラブルを、重大なトラブルに発展させる爆弾気質の持ち主だといえます。
 
 上記のような展開は、一般的な男性だと容易に想像できることですから、結局感情の起伏が激しい女性は、結婚対象外女としてレッテルを貼られてしまうという悲しい結末に至ってしまうのです。
 
 尚、蛇足ですが、最近、男性のDVに限らず、女性のDVも深刻化しているというニュースをたまに見かけるようになりました。
 
 男性も、女性も、暴力を他人に振るうというのは、結婚以前の問題なので、男性目線でも、暴力をふるう女性は、結婚対象外女となってしまうのは当然のことだと思います。
 

21)思いやりがない

 結婚生活では、現実的な話、『経済力』は必要不可欠な条件だと思います。
 
 一方で、心の側面に注目した場合、『思いやり』という感情は、極めて重要な条件となるのではないでしょうか?
 
 やっぱり、結婚生活は様々なことが起こりますので、心の面でつながりが無ければ、決して問題を解決していくことはできません。
 
 心の面で思いやりがなければ、ギスギスしてしまい、順調な結婚生活を過ごすことはできないでしょうね。
 
 そのため、男性がある女性と恋愛中、明らかに『思いやりがない』なんて印象を受けてしまうシーンがあると、その男性からは、結婚対象外女と判断される可能性があります。
 

まとめてみた

  • 1)料理が雑い
  • 2)味覚が合わない
  • 3)ジャンクフードが大好き
  • 4)子供が嫌い
  • 5)衝動買いがひどい(金遣いが荒い)
  • 6)数字が苦手
  • 7)その日楽しければいい
  • 8)女を捨てている
  • 9)『仕事辞めたいから結婚したい』と本気で思っている
  • 10)自分の両親と仲良くする気が無い
  • 11)金の切れ目が縁の切れ目
  • 12)家事ができない(する気もない)
  • 13)夫の物は自分の物、自分の物は自分の物
  • 14)浮気性
  • 15)プライドが高い
  • 16)夜の生活が苦手
  • 17)家庭環境に難あり
  • 18)理想が高すぎる
  • 19)自分の価値と、男へ求める価値が釣り合っていない
  • 20)感情の起伏が激しい(暴力的)
  • 21)思いやりがない

結びの一言

 ふぅ。長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 
 ザーと書いた内容なので、少し言葉遣いが変な箇所もあるかもしれませんが、ご勘弁くださいませ。
 
 内容自体は、日々私自身が生活の中で本当に『こうだろうな~』とひしひしと感じていることでありますが、多少独断と偏見も交じっております。
 
 結婚対象外女になってしまうかどうかということは、誰にも判断できないことではありますが、『そうならないように防衛する』という意味で男の本音で書いた意見を参考にしてお頂けると幸いです。
 

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top