男が『結婚してくださいッ!』とプロポーズせざるを得ない追込み方7つ

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 61

彼氏にプロポーズさせる方法

 『いつになったら彼氏は私にプロポーズしてくれるんだろう?』
 
 恋人同士の交際も長くなれば、女性は必ずこの悩みを抱え始めます。
 
 ちまたには、彼氏にプロポーズしてもらうためにはどうすれば?という同様の悩み相談が溢れています。
  
 男からすると、『女性は大変だな』と思う次第です。
 
 ともあれ、男性のプロポーズ、男ならば、女性にやられれば、結婚・プロポーズを決意してしまう『追い込まれ方』というのは確かに存在します。
 
 そこで、この記事では、男の本音で、こんな追い込まれ方をすると結婚・プロポーズを決意するという、効果的な追い込み方を7つご紹介します。

sponsord link

男が『結婚してくださいッ!』とプロポーズせざるを得ない追い込み方

1)『あなたと結婚したいけど、このまま結婚できないならば・・・』と伝える

 つまり『結婚してくれないなら別れる!』と伝えるということ。
 
 すごく単純ですが、彼氏があなたのことを本気で好きで、でもタイミングだけ掴みかねている、または、あともう一歩が雪がなくて踏み出せないという場合に、絶大な効果を発揮する追い込み方です。
 
 一方で、彼氏が、『あと一歩』という状況でなかったり、『あなたは遊び相手』とういう場合には、逆効果で、最低な結果に終わってしまいます。
 
 この追い込み方は、一種の『賭け』であり、諸刃の剣作戦です。
 
 しかし、ある程度付き合いも長くなり、結婚適齢期をみ変えているような場合、大抵の男性は、この一言で結婚を決意するでしょう。 
 
 私自身も、この一言は言われていないものの、『そういう空気』を感じ取った結果、結局追い込まれて結論を出しました。
 
 もちろん、答えは結婚でしたから、後一歩が踏み出せない男性にとっては、いいケツの叩き方だと思います。

2)彼氏の両親と仲良くしている姿を、彼氏に見せつける

 結婚を強く意識させ、彼氏にプロポーズさせる追い込み方の一つとして、『家族になったとき彼氏の家族を大切にしているイメージ』を彼氏に植え付けることが効果的です。
 
 結婚したあとをイメージした時、男性の心配事の一つは、『自分の家族と彼女が仲良くやれるのか?』って部分です。
 
 そこで、先行して、彼氏の家族と仲良くし、まず、結婚しても、家族と仲良くできる『妻』のイメージを抱かせ、次に家族との付き合いをしているという、『結婚後のイメージ』を彼氏に植え付けます。
 
 彼氏にプロポーズさせるための、非常に穏便な追い込み方の一つであると言えるでしょう。
 
 ただし!
 
 この方法には、一つハードルが存在します。
 
 それは、彼氏が彼女を家族に紹介しているという条件です。
 
 大抵男性は、結婚を決意した後に彼女をか家族に紹介する傾向が強く、結婚を決意していない彼氏・彼女の段階で、家族への紹介を依頼するのは、ハードルが高いという側面もあるでしょう。
 
 とはいえ、余程硬い性格の男性でもなければ、『家族に紹介して』といえば、普通に受け入れてくれるでしょう。
 
 まずは、その一言が重要です。
 
 まぁ、彼氏の家族に気に入ってもらえて、彼氏が結婚適齢期ならば、彼氏の家族からも、結婚へのアシスト得られる可能性が非常に高いので、腰の重い彼氏のプロポーズを引き出す追い込み方としては手堅い方法でしょう。

3)結婚式場の試食会に連れていき、具体的に結婚をイメージさせる

 彼氏がプロポーズするように追い込む方法としては、『結婚』をイメージさせることが意外と大切です。
 
 ただ、よく男性の間で語られるホラーがあるのですが、『同棲していて自宅に帰ると、リビングの机の上に「ゼクシィ」がそっと置いてあった』というもの。
 
 いわゆる無言の圧力ですが、男性はこのやり方に恐怖を覚えます。
 
 『あぁ、この子と結婚すると、一方的に無言の圧力をかけられんだな・・・』
 
 これでは、結婚後のイメージが暗くなりかねません。
 
 だからこそ、彼氏に『結婚』をイメージさせるには、楽しいイメージを植えつけ、追い込まなくてはいけないのです。
 
 一方的な圧力をかけるのではなく、一緒に楽しみ結婚にいいイメージを男性に植え付ける追い込み方がベストです。

 その一番の方法は、『結婚式場の試食会』や『説明会』に出かけることです。
 
 私も結婚式をしましたが、正直、結婚式場を回るときに、一番『結婚』の実感が湧きました。
 
 プランナーからも、様々な結婚にまつわる話を聞くことができましたし、何よりも、彼女が目を輝かせているのを横目で見るのが楽しかったです。
 
 『結婚に対して、女性はこれほどまでに夢と憧れを抱いているものなのか!』と驚きました。(普段おとなしいパートナーなのでなおさら。)

 結婚式場で、女性の憧れを間近で実感すると、意外と男性は、『そんなに嬉しいもんなの?じゃあ、結婚しようか』と一歩を踏み出し、プロポーズに踏み切る決断をすることになるのです。
 

4)結婚しても、働き続けたいアピールをする

 『結婚』という2文字で、男が一番不安に思うのが、経済的な側面です。

 女性が聞くと、不甲斐ないと思う人もいるかもしれませんが、自分以外に人一人を養うってとんでもないプレッシャーです。
 
 人生、80年あるとして、自分の人生を上手くやるだけで精一杯の男性の場合、収入がある程度安定するとか、収入が上向く可能性があるとか、仕事が安定してきたとか、そういう、経済的な安定が確定しなければ、中々結婚に踏み切れない男性は非常に多いです。
 
 今では、共働き世帯も多くはなってきましたが、まだまだ『一家の大黒柱は男性』という風潮は根強く、それを受けて男性も『結婚へのプレッシャー』を強く感じています。
 
 実際、結婚しない理由として、経済的理由を上げる男性は、近年になって増加傾向にあるそうです。
 
 だからこそ、彼氏にプロポーズさせる追い込み方の一つとして、経済的な不安を緩和してあげるという作戦が功を奏するのですね。
 
 『そろそろ結婚したいな』と思い始めてから、ちょくちょく、『働き続けたいアピール』をしていきましょう。
 
 彼氏は、その部分をしっかり感じ取って、プロポーズに踏み切るキッカケになるはずです。
 
 慎重で真面目な男性程、この作戦は効果がある方法なので、じっくりと積み重ねる形で追い込むのが吉です。
 

5)『あなたが働けなくなっても支えてあげる』アピールをする

 4)に続いて、経済的な不安を和らげる方向での追い込みです。
 
 やっぱり、男が結婚したいと思う女性は、人生のパートナーで、協力者・理解者ですから、『あなたが働けなくなっても支えてあげる』という一言は、男のプロポーズしたいという気持ちを沸き立たせます。
 
 だって、そういうタイプの女性って少ないですからね(笑)
 
 特に、リスクに敏感なタイプの男性には、心にドカンと響く追い込み方です。
 
 まず、前段階として、男性に対して『結婚』を意識させ、その後、最後の後押しとして効果を発揮させるために、前々から、飲みの席などで、この一言を伝えておきましょう。
 
 その一言を聞くことで、男は、強く結婚を意識し始めます。
 
 この女性であるならば、一生パートナーとして生活を共にできるだろうと。
 
 男性にとっては、心から嬉しい追い込み方の一つであろうと思いますので、サクッとプロポーズに踏み切るかもしれません。

6)彼氏の『自由』を犯さない

 これは短期決戦型の追い込み方の方法ではありません。
 
 プロポーズに揺れ動いている男性のケツをたたいて、一歩前進させる類の追い込み方というよりは、男性が最後の詰めの判断をする時に、『この女性しかいない』と強く感じさせるための基礎固めの戦略であす。
 
 この男のホンネブログでも、何度も何度も、書いてきていますが、男にとって自由って本当に大切です。
 
 『この女性は束縛してくるから結婚したあとは監獄だ』と判断すれば、その男性にとって、相手の女性との結婚はほとんどなくなります。
 
 それほど、男にとって自由は大切です。
 
 彼氏にプロポーズさせる追い込みをかけるならば、是非長時間じっくりと相手を自由にさせて、最後の詰めで、結婚を勝ち取りましょう。

7)料理

 新婚の男性のほぼ100%が結婚して良かったこととして『家に帰るとご飯がある』といいます。
 
 いくら料理が得意な男性でも、仕事で馬車馬のごとく働いた後に、自宅へ帰り料理するのは本当にしんどいです。
 
 忙しい時期になれば、自宅へ帰宅するのが、9時10時になる男性は多いはず。
 
 だからこそ、土日祝日など、一緒に過ごせる時に、面倒くさがらず積極的に『料理』を作ってあげるアピールは、プロポーズさせるための追い込み方の一つとして効果的なのです。
 
 即効性はないものの、これは絶大な効果を発揮します。
 
 男の胃袋をつかめというのは、ある意味、結婚したときイメージを鮮明にさせる効果的なイメージ戦略の一つだと言えますので、男性に結婚を意識させプロポーズさせる追い込み方としては効果的な手段であると言えるでしょう。
 

まとめ

  • 1)『あなたと結婚したいけど、このまま結婚できないならば・・・』と伝える
  • 2)彼氏の両親と仲良くしている姿を、彼氏に見せつける
  • 3)結婚式場の試食会に連れていき、具体的に結婚をイメージさせる
  • 4)結婚しても、働き続けたいアピールをする
  • 5)『あなたが働けなくなっても支えてあげる』アピールをする
  • 6)彼氏の『自由』を犯さない
  • 7)料理

結びの一言

 いかがでしたか?
 
 『彼氏がなかなかプロポーズしてくれない』と悩む女性は非常に多いですが、男性のケツを叩く方法は、意外と『当たり前のことを当たり前にする』というわかりきったことである場合が多かったりします。
 
 彼氏にプロポーズを決意させ、即プロポーズさせる追い込み方法は、井奥つか存在しますが、それはあくまで、『結婚しても大丈夫だ!』と彼氏が考えてもおかしくない基礎をその女性が気づいているから、結果として効果的に作用しているに過ぎません。
 
 だからこそ、日頃から少しずつ結婚しても大丈夫と男性が思えるような環境を築いておくことが本当に大切なのですね。
 
 彼氏にプロポーズさせるためにも、是非、日頃から着々と外堀を埋める作業を頑張ってください。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top