彼氏と結婚する前に、決して『妥協』してはいけない7つのこと

彼氏と結婚する前に、決して『妥協』してはいけない7つのこと

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 522

結婚前に妥協してはいけないこと結婚前に妥協してはいけないこと
 
 近年晩婚化が進み、女性も男性も結婚年齢が30歳近くになっている現実があります。
 
 このくらいの年齢になれば、大抵周囲は独身が少なくなってきて、『自分も結婚できる』と思っているがパートナーもいない人は、次第に焦り始めます。
 
 でも、焦っているときほど、結婚相手選びには慎重になるべきです。
 
 もちろんあまりにも厳しい基準で判断すると相手がいなくなるという危険性がありますので、最低限のラインで妥協してはいけないポイントを決めておべきでしょう。
 
 この記事では、結婚相手の彼氏に妥協してはいけないポイントをまとめてみました。

Sponsord link

彼氏と結婚する前に、決して『妥協』してはいけない7つの事

1)お金の価値観が一致する

 恋愛関係と、結婚生活は、似ているようで全くの別物です。
 
 特に、恋愛ではあまり問題とならなかった、生活費という経済的な問題を避けて通れません。
 
 この際、例えば、2人のお金の価値観が全く合わなければ、結婚後、お金に関する価値観のトラブルが絶えない恐れがあります。
 
 例えば、男性側が宵越しの金は持たないタイプで、これとは対照的に女性側が心配性で貯蓄したいタイプだと、全くお金の価値観が合わないため、お金の価値観で衝突する機会は非常に多くなるでしょう。 
 
 これでは、結婚生活は破たんしてしまう可能性は非常に高くなるため、『お金の価値観』については絶対に妥協してはいけないポイントであると断言できるでしょう。

2)経済的に安定している

 結婚生活では、経済的に安定しているかどうか?という点が非常に重要な問題になってきます。
 
 これは、何も『男性の給料が高いかどうか?』のみを指して言っているのではなりません。
 

経済的安定の条件

  • 不安定な収入形態ではないかどうか?
  • 働いているか?
  • 将来的に収入をUPさせる気概があるかどうか?
  • 貯蓄は一定レベルでしているか?
  • 正社員化どうか?
  • 30年後も仕事で稼げる素質があるか?
  • 無駄遣いが多すぎないか?

 
 上記のように、様々な要素を考慮して、総合的に、『経済的な安定有』と評価できる男性であるかどうか?を判断し、一概に高収入であるかどうか?だけに注目するのは控えましょう。(現時点で高収入な男性でも、将来的に安定的に経済レベルを維持できるかどうかは不明)
 
 結局、今ちゃんと働いていて、将来収入を増やす努力をしていて、そして一定レベルで貯金している男性。
 
 こういう男性が経済的安定をキープできる男性で間違いありません。
 
 結婚生活は、恋愛ではなく生活ですから、経済的に困窮すると世帯として立ち直れなくなる危険性があります。
 
 経済的な側面は最重要視すべきポイントで、リスク管理等も含め妥当な判断が下せる男性であるかどうかは、しっかり見極めるべきポイントです。
 
 経済的な部分は決して妥協してはいけません。

 日々経済的に安定しているというだけで、結婚生活が豊かになり、心理的にも相手のことを好きで入れる幸せな家庭を維持できます。
 
 逆に、この部分が不安定だと、日々お金のことで献花が絶えず、結婚生活はこじれてしまうでしょう。

3)相手の立場に立って物事を考えることができる

 特に、妻という立ち位置を理解してくれる男性であることは重要です。

 家事について、育児について、仕事をすることについて、様々な転換期で、柔軟に妻側の行動を理解してくれる男性でなければ結婚生活は次第に破たんしていきます。 

 結婚後の妻の在り方に理想を描く男性もいるため、自分の理想通りに動かない妻に対して要求を突き付ける男性は少なからず存在します。
 
 相手の立場に立って物事を考え、譲歩できる男性である事かどうか?ここは結婚の前に妥協してはいけない重要なポイントです。

4)偏食でないこと

 家族になると、一般的には毎日同じ食卓を囲むことが多くなると思います。
 
 この時、夫婦の一方が夕飯の支度をすることになると思いますが、夫婦のどちらかが偏食であったり好き嫌いが多すぎたりすると、食事が楽しくなくなります。
 
 また、『おいしい』と思うポイントがある程度似ていなければ、毎日の食事がお互いにとってストレスとなりかねません。
 
 完全一致というまでは不可能ですが、ある程度味の好みが一致するというポイントは妥協すべきでない部分であると言えるでしょう。

5)思いやり、誠実である

 結婚生活を順調に過ごすには相手への思いやりが不可欠です。

 自分が一番で、自分勝手な男性との結婚では、多くの場合、女性の負担が大きくなる傾向にあり、女性側の不満がたまりがちになります。

 家事や育児について夫婦同氏の助け合いがあってこそ、結婚生活は、上手くいき、幸せな生活が送れるはずなのです。

 また、思いやりが重要なのと同様に、『嘘をつかない男性である』ということも重要なポイント。

 相手を裏切るような嘘をつく男性とは、結婚生活において本当に大切な信頼関係を築くことができません。

 思いやりと誠実な行動は結婚生活を安心して過ごすために非常に重要なファクターです。
 
 この部分については可能な限り妥協すべきではなりません。

6)浮気癖がない

 結婚生活を平穏に過ごす上で、『浮気癖がない』というのは非常に重要な資質です。
 
 これは男性はもちろん、女性についても言えること。
 
 というのも、恋愛での浮気は単純に『笑い話』で終わり、結局『アホな男と付き合ったな』程度の話で終わるケースが多いですが、結婚後の『浮気(不倫)』は、お互いの家族を巻き込んだ事件になる重大問題だからです。
 
 これまで積み上げたものがすべて崩れ、お金も時間も浪費してしまいます。 
 
 男性が浮気し、相手にも家族があった場合(W不倫)などでは、お互いの家族を巻き込んで訴訟沙汰(事件)になってしまいます。
 
 その際、弁護士費用だとか、慰謝料請求だとか、大事になれば、お金も時間も膨大な損失が発生してしまいます。
 
 結婚後の浮気は単純に『浮気しちゃったテヘヘ』で済まない家族を巻き込む事件となります。
 
 したがって、浮気癖がある男性は、絶対に避けて通るべきで、この点は決して妥協してはいけません。
 
 仮に妥協してしまうと、将来的に、子供ができてから結婚生活が破たんするなど、人生を不安定にするリスクを抱えることになります。

7)ギャンブル癖がない・借金しない

 賭け事をする男性は多いですが、ギャンブルにはまりすぎる男性は避けて通るべきでしょう。

 このような男性は2)で書いた、経済的に安定した男性とは真逆の男性で、結婚生活を経済的に不安定にさせるプロです。
 
 特に、借金してまでギャンブルにのめりこむタイプは早々に損切りしてしまいましょう。

 また、借金グセがある男性も結婚生活には向かない男性と言えます。
  
 そもそも、他人に『借金』をするというのは、相当変わっています。
 
 自分の稼ぎの範囲内で費用を決めて、身の丈に合った遊びをするのが大人というものです。
 
 結局自己管理ができていない男性であると断言できるため、結婚する前に借金が発覚すれば、ここは妥協してはいけません。
 

良い借金と悪い借金

 借金には、『良い借金』と『悪い借金』という2種類の借金が存在します。
 
 良い借金は、例えば、自分で魅力的な事業を起こしたいが、自己資金では展開できない場合、リスク管理をしっかりしたうえで融資を受けるようなケースです。 
 
 いわゆるステップアップのための、事業融資という借金です。
 
 これとは対照的に、悪い借金とは、要は遊びに使うために重ねる借金で、例えば、キャバクラにドハマりしているが、自分の収入では少し厳しいので、他人に借金して遊びに行くという類のケースです。
 
 後者は、最低の借金で、この種類の借金を重ねる男性が、経済的に安定することはほぼ期待できません。
 
 尚、余談ですが、『借金』には一般にコスト(利息)が発生します。
 
 仮に100万円の借り入れで、年利が7%だとすると、年間7万円ものコストがかかり、これだけで家計を大幅に圧迫します。
 
 この支出は単純な消費で、世帯収入を圧迫しますから、遊びのために、利息を払って借金することは、最低のマネーマネジメントと言えるでしょう。

 

8)暴力をふるわない

 恋愛中、一度でも暴力をふるわれたら、絶対に結婚してはいけません。
 
 男も女も暴力をふるうという行為は、今の世の中、違法行為で、論外です。
 
 絶対に妥協してはいけません。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR

最後までお読みいただきありがとうございました

宜しければご感想をお聞かせください

サブコンテンツ


Top