男がぶっちゃける!『お試し同棲』で女性の婚期が遠のく10の理由

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 833

同棲したら婚期が遠のく?

 女性にとって結婚というのは、人生の一大イベントですね。
 
 特に、25歳を超えてくると、結婚という2文字しか頭にないほど焦りだす女性も多くなってきます。

 最近では、あまり結婚を意識しない女性も増えてはいるようですが、とはいえ、まだまだ少数派です。
 
 そんな女性にとって、婚期が遠のくというのは、非常に大きなリスクです。
 
 この記事では、そんな女性にとってのリスクになりえる、お試し同棲の話について書いていきたいと思います。

sponsord link

婚期が遠のくなんて、失礼な話だが

 最近は、お試し同棲というのは結構流行っている?と思えるくらい、多くのカップルが利用しているようです。
  
 ただ、そんなお試し同棲は、ある意味、女性の婚期を遠のかせてしまう原因になってしまう可能性を秘めています。 
 
 もちろん、同棲が上手くいってめでたく入籍なんてカップルはたくさんいらっしゃいますので、一概に結婚前のお試し同棲を否定する気はありません。 
 
 でも、やっぱり、上手くいかなかったときのリスクは知っておいて損はありません。 
 
 そして、女性にとっては、婚期を逃してしまう、または婚期が遠のいてしまうというのは非常に大きなリスクの一つです。
 
 だからこそ、言いにくいことではありますが、女性の幸せな人生に役立つ情報提供をしたいと、男のホンネをぶちまけているこのブログで、その理由を書いていきたいと思います。

男のホンネ、『お試し同棲』で女性の婚期が遠のく理由

1)『軽い女性』というイメージが付きまとう

 同棲をしている女性・同棲をしていた女性、それぞれが即『軽い女性』であるという結論になるわけではありませんね。
 
 この項目の認識は、当たり前ですが、偏見であることで間違いありまん。 
 
 でも、悲しいかな、世間では、『同棲経験ある女性=軽いんじゃない?』という認識を持っている男性は、少なからず存在します。
 
 しかも、特に結婚願望の強い男性や、結婚に最適な男性ほど、そう考えている傾向が高かったりします。 
 
 私の周囲でも、堅く安定した仕事についていて、ちゃんと堅実な友人(男)ほど、飲みの席で、結婚前の同棲の話になれば、『過去同棲経験のある女性はなんだか、軽いイメージで生理的に嫌だ』とざっくばらんに話をする友人も非常に多いです。
 
 これは、個々人の感じ方の問題なので、そういう人もいる程度で考えるべきだと思いますが、そういう考え方は男のホンネの部分であるという事実がある点は、結婚前の同棲経験ある女性の婚期が遠のく理由になりえます。 

2)『後先考えない』という印象をもってしまう

 これも偏見ですが、結婚前の順序を経るという昭和的な考え方からは、『後先考えず行動する女性』というイメージを持たれてしまうこともあります。
 
 まだまだ、昭和的な考え方は根強く存在しますので、過去に結婚前の同棲をしたことがある女性に対して、男性側の両親がいい印象を持っていないことも多いのが現実です。
  
 そういう意味で、結婚前の同棲は、女性の婚期が遠のく理由になりえます。

3)『過去の男と一緒に過ごしていた』という事実に嫌悪感を持つ男性もいる

 これは、1)に繋がる婚期が遠のく理由の一つですね。
 
 こんなことを言うと女性からは『器のちっちぇーやつ』なんて批判が矢のごとく飛んできそうですが、それはそれで構わないと考えるのが男のホンネだったりします。 

 あくまで好みの問題ですからね・・。
 
 ただ、やっぱり同棲は生活で、普通の恋愛を一歩進めたものですから、この強い結びつきのような部分に抵抗を感じる男性は少なからず存在します。
 
 本当にぶっちゃけていますが、男のホンネとして、こういう部分はどうしてもあるのですね。
 
 もちろん、そう考えるのは、少数派かもしれませんが、そういう部分が、結婚前に同棲をした経験のある女性の婚期を遠のかせる理由の一つになりえることは覚えておいて損はありません。

4)同棲で男性は『結婚』にメリットを感じなくなる

 ここまでは、過去の女性の同棲経験が、どうして婚期を遠のかせることにつながるのか?という話でしたが、まぁ失礼な話で申し訳ございまん。
 
 ただ、男のホンネとしてこういう部分もあるということは、ご理解いただけると助かります。
 
 ここからは、同棲をしたら男はホンネの部分でどう思うようになるか?に焦点を当てたいと思います。
 
 早速ですが、この項目は結構重要だったりします。
 
 余程、真剣に2人の将来設計をしている男性でないかぎり、惰性で同棲をした男性は、同棲によって『結婚』へのメリットを見いだせなくなりがちです。
 
 というのも、同棲をすると、大抵の女性は張り切って、男性の世話をしようとします。
 
 特に、結婚のシュミレーションとして同棲を実施しているならばなおさら、結婚に向けてのアピールを開始してしまう女性が多いようです。
 
 もちろん、結婚へのお試しで同棲をしているのですから、それでなくちゃこまります。
 
 しかし!もし、男性側が真剣に2人の将来を検討した結果、結婚ありきで同棲をしたのではないのであれば、おそらく男性はそのままずるずると楽な状況を享受するだけで結婚に踏み切ることはないでしょう。
 
 なぜって?義務を負わなくても、女性がせっせと自分の世話をしてくれるのですから・・『このままでよい』と考えてしまうのは当然じゃありませんか?
 
 まぁ、明らかにダメ男ではありますが、別結婚していない以上、道義的には置いといて、法律的に悪いことをしているわけではありません。 
 
 こうなると、女性は結婚のメリットを男性に理解してもらうことは困難になります。
 
 女性が男性の仕事や生活をサポートするというメリットは、結婚したから得られる男性にとっての珠玉の宝石(メリット)なのです。
 
 それを、男性に何の義務も負わせず提供してしまうのが、結婚前の同棲が女性の婚期を遠のかせてしまう大きな理由です。
 
 『じゃあ、男の世話をしなければいいじゃん』と思われるかもしれませんが・・・。
 
 それをやってしまえば、結婚前のお試し同棲なので、男性から『家事をしてくれない女性』というレッテルを張られ、別れが待っているでしょう。
 
 前に進んでも、後に下がっても、どうにもならない状況を『進退両難の地位』と言いますが、結婚前の同棲は、正に女性にとっては進退両難の地位になりえる状況だったりするんですよね。
 

5)結婚の新鮮さがなくなり結婚へのモチベーションが低下する

 結婚前の同棲をしてしまうと、男性はホンネの部分で『今の状況と結婚のした時の状況とないが違うの?メリットはあるの?』とメリットを探そうとします。
 
 正直なところ、結婚という制度については、現代社会で、女性も男性もメリットを感じない方が多いので、上記のメリットを見つけられない男性の方が多いです。
 
 男性が、結婚に至るには『結婚生活はどういうものなんだろう?』というファンタジーな部分も必要ですから、先に同棲をしてしまって結婚生活における新鮮さをなくしてしまうと、男性は結婚へのモチベーションが下がる傾向にあります。
  
 この状態がずるずると続いてしまい、女性が待っていると、ずるずると時間が経過してしまい、女性の婚期が遠のく結果につながる理由になります。

6)同棲が長くなると・・・別れ⇒新恋人⇒結婚まで時間がかる

 同棲しているカップルが別れた場合、『さよなら』とサクッと別れることができません。
 
 別れた後も、引っ越しの手配や、新居の確保、金銭的に厳しければそうそうサクッと引っ越すわけにもいきません。
 
 いろいろと時間もかかるため、再出発を図るのにも時間がかかります。
 
 仕事をしていれば、限られた時間で自分の精神を安定させなければいけませんし、時間的にも余裕がありませんから、あっという間に何カ月も過ぎ去ってしまうはず。
 
 そういう意味では、婚期が遠のきがちになってしまうのもうなづけます。

7)同棲⇒別れ⇒引っ越し・・・金銭的に厳しくなる

 同棲は新居で一緒に住むことになりますから、入居時や退去時に様々な費用が発生します。
 
 大阪市内や、東京都内などで2人で住める規模の部屋を借りようとすれば、引っ越し費用や敷金・礼金などそれなりのまとまったお金が必要になってくるでしょう。
 
 ある程度収入のあるカップルならば、金銭的に厳しくなるなんてことはないでしょうが、若年カップルなどであれば、そう気軽にポンと負担できる費用ではないはずです。
 
 『さぁ同棲しよう!』と希望にあふれているときはいいですが、やっぱり結婚を前提としたお試し同棲は、結婚のシュミレーションですから、結婚同様のつらいこと・困難なことがたくさん出てきます。
 
 それを乗り越えられなければ、あくまで『お試し同棲』ですから、同棲を解消することになるのでしょう。
 
 その時、万一、男性に頼る形で女性が同棲していたとすれば、女性は金銭的に厳しい事態に陥ってしまいます。
 
 新しい出会いを求めるにも、同棲を解消して引っ越しするにしても、やはりまとまったお金が必要です。
 
 もちろん、結婚式を挙げるのだって、まとまった相当程度の負担が必要ですから、上記のような事態に陥ってしまえば、なかなか新しい出会いも探せず、気が付けば女性が婚期を逃し、婚期が遠のいてしまったなんてことになりかねません。
 
 お試しとはいえ、お試し同棲には、思う以上に高額な費用がかかりますから、気を付けましょう。

8)結婚もしていないのに、同棲相手(男)だけになりがち

 同棲は、結婚とはかなり違います。
 
 男性側に義務も発生しませんし、浮気をしてはいけないなんて法的な義務も発生しません。
 
 それが同棲です。
 
 にもかかわらず、同棲をしたから一安心と、男性に頼りっきりになる女性は少なからず存在します。
 
 特に、結婚を前提としたお試し同棲だからと言って、『私は家事を頑張るんだ!』なんてスパッと仕事を辞めてしまうような女性は要注意です。
 
 同棲中何かあって男性の結婚意思がなくなってしまうようなことになれば、非常に厳しい事態が待っています。
 
 それでも、男性にとっては都合のいい存在ですので、女子側が、経済的に関係を解消できないのをいいことに、ズルズルと長年同棲生活を過ごしてしまうかもしれません。
 
 そうなってしまえば、お試し同棲が原因で、女性の婚期が遠のいてしまいます。
 
 これは、同棲が原因で、女性の婚期が遠のいてしまう、典型的な例だと思います。

9)『思い切って別れる』という決断がしにくくなる

 やっぱり、お試し同棲には、お金も労力もかかりますから・・・・。
 
 同棲をしていないカップルのように、別れを告げて『はい、さいなら!』というラフな展開にはなりにくいのが現実です。

 女性も、『同棲のためにあれだけ費用をかけたのだから、もう少し我慢してみよう』なんて決断を引き延ばしてしまいがちです。
 
 ウンウンと悩んでいる内に月日は流れ、気が付けば女性側は婚期を逃してしまい、婚期が遠のいてしまう結果になってしまいます。
 
 そういう意味で、お試し同棲は、サクッと別れるという決断を先送りにさせがちだという点で、女性の婚期を遠のかせてしまう理由の一つになっちゃうんです。 

10)出会いの場も激減する

 お試し同棲はやっぱり結婚を視野に入れた同棲ですから、気軽に合コンに参加するなんてことはできません。
 
 だって、一緒に住んでいるんですから行動パターンもパートナーに筒抜けですから、少し行動に不審な点があれば、『どういうこと?』となってしまいます。
 
 もちろん、同棲をしていなくても浮気はよくない行為ですが、飲みに行く・遊びに行く・合コンに行く、なんてくらいは息抜きとしてありです。
 
 同棲をすることによって、異性との出会いの機会も激減するでしょうし、異性の友達とのコンタクトもとりづらくなるのは当然の流れです。
 
 数年たって、残念にも別れる結果になったとして、その時には、新しい出会いの機会を手に入れるのに時間がかかってしまうかもしれません。
 
 そういう意味で、お試し同棲は、女性の婚期を遠のかせてしまう理由になってしまうのです。

おさらい♪

  • 1)『軽い女性』というイメージが付きまとう
  • 2)『後先考えない』という印象をもってしまう
  • 3)『過去の男と一緒に過ごしていた』という事実に嫌悪感を持つ男性もいる
  • 4)同棲で男性は『結婚』にメリットを感じなくなる
  • 5)結婚の新鮮さがなくなり結婚へのモチベーションが低下する
  • 6)同棲が長くなると・・・別れ⇒新恋人⇒結婚まで時間がかる
  • 7)同棲⇒別れ⇒引っ越し・・・金銭的に厳しくなる
  • 8)結婚もしていないのに、同棲相手(男)だけになりがち
  • 9)『思い切って別れる』という決断がしにくくなる
  • 10)出会いの場も激減する

むすびの一言

 いかがでしたか?
 
 いつもながら独断と偏見にまみれた記事だと思いますが、何卒生暖かい顔で見守ってくださるとうれしく思います。
 
 この記事では、お試し同棲が女性のリスクになりかねないという事実を書かせていただきましたので、もちろん、お試し同棲にメリットが一切ないという話ではありません。 
  
 お試し同棲がリスクになった場合、男のホンネはどうなっているのか?そういうところを書いてみました。
 
 是非参考にしていただけると幸いです。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top