『私って本命なの?』あなたが彼のキープだといえる8つの証拠

『私って本命なの?』あなたが彼のキープだといえる8つの証拠

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 428

あなたが彼のキープである証拠

 男ならば、本命彼女には、やらない行動という物が存在します。
 
 キープ彼女だからこそ、やってしまう、そんな行動。
 
 男が本音で、あなたがキープ彼女であるといえる証拠を集めてみました。
 
 あなたの彼氏が、あなたに対して、ここで列挙した行動をとっているような場合・・・残念ながらあなたはキープ彼女なのかもしれません。

あなたは彼のキープだ!その証拠8つ

1)彼からのお誘いはいつも突然に!

 デートに行く場合、本命彼女に対する男性の対応は、いろいろあるかと思います。
 
 ただ、基本的には、事前にちゃんとスケジュールを打ち合わせし、約束したうえで、当日を迎えるのが普通のことです。
 
 余程、時間や計画にルーズな男性の場合や、長年付き合ってお互いのスケジュールを熟知しているような場合は、例外ですが・・・。

 ところが、別に本命でもなく、『今付き合っているだけの彼女(キープ)』である場合、事前に予定を入れると、別の約束とブッキングすると面倒な調整をする必要が出てくるため、男は、キープ彼女とデートの計画を事前に立てたがりません。
 
 なぜ調整するかって?
 
 だって、もしかすると新たな出会いの機会が得られるコンパや合コンの予定かも知れないじゃないですか? 

 もちろん、その本音を表に出すことはありませんが、『いつもいつもお誘いが突然』だという場合、あなたは、その彼氏のキープである可能性が非常に高いといえる証拠になります。
 
 スケジュールを埋める際の最優先項目が、あなたでないからこそ、毎度のお誘いは『突然』なのです。

2)一緒にいないとき連絡しても反応が薄い

 彼氏と一緒に過ごしている時には、『あぁ恋人なんだな』と実感できるほどに、ラブラブ。
 
 だけど、一緒にいないときに連絡しても、反応が非常に薄い。
 
 ひどいときには、何日も連絡が取れないなんてこともザラ。
 
 そういう場合、あなたは彼氏のキープ彼女かもしれません。
 
 ただし!『自分は彼氏のキープなんだ!』と判断する前に、一呼吸おいて注意し事実を精査する必要はあります。
 
 というのも、男性はそもそもメール無精、連絡無精の人が多く、そもそも連絡を取ることをおっくうと考える男は、多数派も多数派だからです。
 
 ですので、正直なところ、メールの頻度や連絡の頻度で、男性の『愛情』を計ること自体ナンセンスである場合も少なくありません。
 
 この項目が当てはまる場合、自分は彼氏のキープなんだと決めつける前に、彼氏は忙しくないのか?日々仕事に疲れていないのか?単なるメール(LINE)無精ではないのか?そういった疑問についてじっくり考える必要はあります。

3)事前に約束をしたがらない

 1)につながる話です。
 
 男にとって、あなたがキープ彼女であるならば、事前に予定を入れたがりません。
 
 それは、他の誘いがあった場合や、その日の自分の体調や気分でスケジュール調整をしようと考えているからに他なりません。

 次に会う約束をしようとしても「たぶん大丈夫」といつもあいまいな返事が多い彼氏ならば、もしかすると、その彼氏のとって、貴方は、キープ彼女であるかもしれません。

4)彼の本心が全くつたわらない

 今は男友達の関係、でも彼は『好き』といって体の関係もあるけれど、『恋人同士(彼女)』という関係は求めないという彼。
 
 いったい彼は何を考えているのだろう?
 
 という悩みを抱えている女性は多数いらっしゃいますが、正直、男の本音で申し上げると、明らかにこれはキープ彼女の状態です。 

 まともな男ならば、こういう状態に至れば、ちゃんとわかりやすい関係をに発展させようとします。
 
 でも、口では『好き』だと言っているものの、行動が伴っていないような場合は、客観的にはキープ以外なにものでもありません。
 
 関係をはっきりさせると、好きな彼に会えなくなることを恐れる女性は多いかもしれませんが、こういう男性と長く関係を保っても、決して幸せにはなれませんので、早めに目を覚ます必要があります。

 これ包み隠さない男の本音です。

5)デートの計画はいつもあなた任せ

 2人の関係を客観的に分析してみると、これまで、デートのプランを立てるのはすべてあなただった!なんてことはないでしょうか?
 
 大抵、男は本命彼女とは、ちゃんと会いたいという人ですし、ちゃんと彼女を楽しませるプランを進んで計画する男性が多数派です。
 
 よく考えてみると、いつも連絡するのはあなたから!
 
 よく考えてみると、いつもデートプランを考えるのはあなた!
 
 なんてことはありませんか?

 それ、あなたが彼にとってのキープ彼女である証拠です。

6)褒めてくれることがない

 男性は、本命彼女と付き合っている場合、やっぱり、相手が好きだという気持ちが飛び出してしまいます。
 
 いつもではありませんが、ちょっと気付いたときに、自分の彼女のいいところを褒めたくなるものです。 
 
 あなたは、彼氏に今まで褒めてもらったことがあるでしょうか? 
 
 褒めてもらったことがあるとして、それは彼氏の本音でしょうか?
 
 上の質問に、大きくYESとうなづけないならば、それはあなたがキープ彼女である証拠であるといえるかもしれません。

7)彼といるとストレスを感じてしまう

 彼が最近優しくない・・・特に仕事が忙しくなったって話も聞かないし・・。なんで?
 
 なんて思ときには、あなたは本命彼女から、キープ彼女に降格した可能性があります。
 
 彼氏彼女の関係ではなく、結婚しているならば、その程度の変化はザラにあるでしょうが、彼氏彼女の関係であれば、降格という憂き目にあうのはあり得ない話ではありません。
 
 最近、彼氏からの連絡も少ないし、デートにも出かけてくれない。

 そんなことでストレスを感じることが多いならば、それはあなたはキープ彼女になってしまった証拠なのかもしれません。

8)複数人で会う

 2人きりになるのは、夜の時だけ。
 
 遊びに行くときも、ワイワイやるときも、彼の友達と複数人。
 
 なんて場合は、明らかにあなたはキープ彼女です。
 
 男ならば、本命彼女とはできる限り2人限りで楽しみたいですし、友人がいると気を使ってしまいます。
 
 そういう男性が多い中、友人も交えてあなたと遊びに出かけるのは、友人にも気を使わない、つまり、その友人たちもあなたがキープであることを実は知っているのかもしれません。
 
 だからこそ、気を遣わず楽しめるのかも?
 
 あなたは彼の彼女であるにもかかわらず、いつも複数人で遊びに行くような状態ならば、あなたは彼にとってキープ彼女なのでしょう。

結びのひとこと

 いかがでしたか?
 
 キープ彼女か?そうでないかの判断は非常に難しいかもしれませんが、あなたが彼の彼女であるにも関わらず扱いが悪い場合は・・・自分はキープ彼女なのかも?と疑っても間違いはないかもしれません。
 
 このとき大切なのは、彼の言葉を信じるのではなくて、客観的に彼の態度を分析することです。
 
 精神的に苦しいかもしれませんが、男は行動の生き物なので、彼氏の本音はすべてその行動を客観的に分析することで回答を導くことができます。

 言葉ではなく、彼氏の行動を冷静に見つめてみましょう。
 
 結果、あなたがキープ彼女であると判断できたとしても悲しむことはありません。
 
 世の中にはもっといい男はたくさんいますので、気持ちを切り替えて新たな一歩を踏み出しましょう。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR

最後までお読みいただきありがとうございました

宜しければご感想をお聞かせください

サブコンテンツ


Top