『都合の良い男』との関係を白黒させる3つの方法

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 533

都合の良い関係に白黒つける方法

 『都合の良い男』『都合の良い女』という都合の良い存在達。
 
 特にれない関係には、こういう曖昧な関係に甘んじるカップルは多数存在しています。
 
 自分を強く、びしっとした対応ができれば、そんな曖昧さは人生で出会う機会はないのかもしれませんが、人間だれしもそういう強い自分を持ち合わせているわけではありません。
 
 だからこそ、この記事では、あいまいな関係にストップをかける『都合の良い男』との関係に白黒るける方法について書いてみたいと思います。
 
 男の本音で、そういう関係がどういうものか?を解き明かした上で方法について語っていきたいと思います。

男にとって都合の良い存在

モデルケース

——————————
 <会社員(事務職)32歳女性> 
——————————

 私には20代のころから、曖昧な関係を続けている年上の男性がいます。
 年齢もありますし、もうその彼の事を忘れて新しい恋をしたいのですが・・・どうしても彼を忘れることができません。

 20代後半の頃、彼と知り合い、2か月は頻繁にデートをして、自然とそういう仲にもなりました。
 でも、それから数年、一度もはっきり付き合おうとは言われませんでした。

 そんな人は初めてでしたが、何だかんだで、まだ仲良しです。
 正直言うと、そういうあいまいな関係が嫌で、一度は距離をおいたのですが、結局、最近また会うようになり、関係は復活しています。

 彼といると気持ちが満たされて、ワクワクしてとても楽しいんです。
 でも、一人になると、私は何をしてるんだろうと思う自分がいます・・・そう思う反面で、『また会いたい』と思う自分がいることにも気づいています。
 
 今は、仕事も楽しいですし、私生活でも、習い事や女友達との食事や合コンにも精一杯打ち込んでいて毎日充実しています。
 
 ただ・・・合間のふとした時に会いたくなるのが、彼です。
 正直年齢のこともありすし、関係をはっきりさせたいとも思うのですが、気持ちを確かめるのが怖くて躊躇しています。
 
 私はどうすればいいのでしょう・・・。

『都合の良い男』との関係を白黒させる方法

その1)『付き合わないならもう会わない』と伝える。

 ある程度恋愛経験の豊富な女性ならば誰しも、一度は『都合の良い男』との関係を持ったことがあるはずです。
 
 こういう曖昧な関係を維持したがる男性は少なくありません。
 
 というのも、男の本音の部分を包み隠さずいうと、こういう女性は男にとって本当に『楽』だからです。

 関係をはっきりさせないということは、別に女ができて関係を持っても、とやかく言われることもありません。
 
 そういう女性の立ち位置は、『彼女』でもありませんから、『暇なときに会う女性』という扱いでも、文句を言われる筋合いはありません。
 
 であるにもかかわらず、『ムラムラした時には関係をもてる』非常に都合の良い存在なのです。 
 
 冒頭のモデルケースに登場する女性は、その男性から『都合の良い女性』として、扱われていることに気付くべきでしょう。
 
 男が『付き合おう』とういう一言を伝えないということは、本音の部分では『その女性がほかの男のところに行っても痛くもかゆくもない』と思っていると考えて間違いありません。
 
 つまり、女性として自分が独占したいとは思っていないということ、言い換えると『本命』ではないということ。
 
 大抵、男が女性に惚れれば、その女性は『自分だけの存在』として独占したいと考えるものですから、男が上記モデルケースの関係を聞くと、『あぁいい女だな(悪い意味)』と思うものなのです。
 
 上記のモデルケースのような状態で悩んでいる女性は、そういう『見方』をされていることに敏感になるべきです。
 
 まずは、ここの点で『目を覚ます』のです。
 
 そして、関係をはっきりさせるためにも、勇気を出して『付き合わないならば会わない』と伝えましょう。
 
 これで恋人関係になれないんならば、いずれにしろ自分のそばにはいてくれない男なのですから、スパッとあきらめるのが幸せの第一歩です。

その2)自分の中で割り切る

 その1)の『付き合わないならばもう会わない』と伝えるのは、すごく勇気のいる行動です。
 
 勝負に勝てれば、幸せな交際が待っているかもしれませんが、勝負に負ければ、ひと時の悲しみが待っています。
 
 であるならば、自分の中で『割り切ってみる』というのも、一つの方法です。
 
 『都合の良い女』であることに割り切って、彼との時間を精一杯楽しむというのも、人生の選択としてはありです。
 
 ただし!
 
 この選択には、女性の貴重な時間を無駄にするという高レベルのリスクが潜んでいます。
 
 『割り切った交際』を楽しんだ結果、女性としての価値は低下し、年齢を重ねてしまうリスクがあることは肝に銘じておきましょう。
 
 割り切り交際をできてしまう女性に対して、まともな男は貞操観念のしっかりしたできた女性であるという評価はしません。
 
 だからこそ、諸刃の剣・・その瞬間を楽しみとして燃やしつくすような覚悟が必要です。
 
 そういう覚悟をせず、単純に何も考えず楽しんでしまえば、将来必ず地獄が待っていますから注意しましょう。

その3)新しい出会いを探す

 その『都合の良い男』と付き合う方法でもなく、『割り切る』方法でもない。
 
 第3の方法として、『どちらも選ばず新しい男を探す』という方法があります。
 
 曖昧なものはスパッと捨てて、新しい第一歩を歩き始めるのが、一番後腐れないのではないでしょうか?
 
 もちろん、『あの時あの彼氏に迫っていれば、今頃どうなっていただろう?』と一粒の後悔は残るかもしれません。
 
 でも、それよりももっと大きな、『はっきりとした関係』で幸せを手にすることができるかもしれないのです。
 
 はっきり言って、世の中素晴らしい男はうなるほど存在します。
 
 新しい出会いを見つけるのは、最もおすすめの、『都合の良い男』と白黒つける方法だといえるでしょう。
 
 しっかり幸せになって、『曖昧な扱いをした男』を見返してやるのも、また面白いではないですか。

白黒つける方法

  • その1)『付き合わないならもう会わない』と伝える。
  • その2)自分の中で割り切る
  • その3)新しい出会いを探す

最後に男の本音

自分でコントロールできないことに力を注がない

 世の中には、『自分にコントロールできない事象』という事柄がいくらでも存在しています。
 
 例えば、上記のモデルケースに登場する『相手の都合の良い男』ですが、この存在は、自分の思い通りにコントロースできない存在の代表格です。
 
 つまり、自分以外の他人は、決して自分の思い通りにはコントロールできないのです。
 
 何らかの利益を享受すれば、多少コントロールできるかも知れませんが、それでも完全にコントロールすることは不可能です。
 
 だからこそ、ビジネスにおける会社組織の指揮・マネジメントは、会社組織における代表的な問題の一つなのです。
 
 こういう、自分では決してコントロールできない事柄に対しては、特に恋愛においては、力を注がないことが幸福への第一歩です。
 
 私も若いころ、女性をコントロールしようと躍起になっていた時期がありましたが、そうしようとすればするほどドツボにはまっていきました。
 
 今は、他人をコントロールするなどといった愚行は決して犯さないようにしています。

幸せは、自分自身の中にある

 他人はコントロールできない。
 
 自分でコントロールできないことはやらない。
 
 では、何をやるかというと、自分にコントロールできることに対して優先的に力を注ぐという活動です。
 
 つまり、自分の性格や考え方を日々変えることに努力を注ぎます。
 
 マイナス思考だという欠点に気付いたならば、ポジティブな言葉を発する努力をし、前向きなビジョンを思い浮かべる努力をします。
 
 経済的に不安があるならば、収入を向上させるよう思い切った努力を開始します。
 
 そうやって、他人や社会や会社をコントロールするのではなく、自分をコントロールして、周囲を巻き込みましょう。
 
 そうすると、自分の人生は必ず上向いてきます。
 
 この記事でのテーマである『都合の良い男』との関係を白黒つける方法ですが、そもそも、そういう『都合の良い男』があなたの周りに登場するのは、あなたが同じような『都合の良い部分』を持ち合わせているからかも知れないのです。
 
 類は友を呼ぶ、とはよく言ったもので、この通りのことが人生には起こります。
 
 是非、自分に厳しく自分をコントロールして、人生の幸せを勝ち取ってやりましょう。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top