胃袋をつかむ!男が喜ぶ料理のポイント

Pocket

《読み終えるまでの目安時間》: 419

男の胃袋をつかむ料理のポイント 

 彼氏と付き合い始めの頃、最初のアピールポイントは『手料理』でしょう。

 初めてのお部屋デートの時、彼女として彼氏に一目置かせる大イベントです。

 男は、初お部屋デートの時の彼女の手料理を女性が思う以上に楽しみにしているものです。
 
 でも、彼女の手料理を楽しみにしているものの、美味しくなかったために、そこから関係が微妙になってしまったって話は意外と聞こえてきます。
 
 『女性だから料理ができないといけない』という考えは男の時代錯誤な考え方であると思いますが、しかし、しょせん手料理とはいっても、されど手料理!です。
 
 やっぱり、手料理を楽しみにしてしまうのは、男の本音。
 
 そこで、この記事では、男の胃袋をつかむための手料理のポイントを男が本音で書いていきます。
 
 カフェご飯じゃなきゃダメなの?レストランで出てくるような本格的な料理じゃダメなの?そういう疑問に答えていきます。
 

胃袋をつかむ!男が喜ぶ料理のポイント

1)女性が好きな『オシャレな料理』は求めていない

 女性の場合は、自宅でも外食でも、皆さんオシャレな料理が好きな人が多いですね。
 
 インスタグラムでも、カフェや、素敵なレストランで出てきそうな手料理をオシャレな感じで撮影した写真を掲載している女性は数えきれないほど存在します。
 
 でも、男性側からすると、正直『何故オシャレな料理が好きなんだろう?』と疑問しか感じません。(もちろん、男性の中にもオシャレな食事が好きな人は存在しますし、私も嫌いではありません。)
 
 男性の場合、外食や、趣味で料理に打ち込んでいるならばまだしも、普段の何でもない手料理まで、オシャレでピカピカの食事なぞ求めておりません。
 
 女性からすると、仕事から帰ってきて、疲れているときほど、オシャレで特別な手料理の方がご褒美気分で癒されると思われる人もいるかもしれませんが、男性はオシャレな食事は求めておらず、ごくありきたりの手料理で満足できます。
 
 見た目は普通でも、ガッツリ食べれて、ご飯をかきこめる手料理であればそれだけで大満足なのです。
 
 カフェ飯のようなオシャレは、なくてもいいのです。

2)男は家庭料理が大好き

 男はオシャレな手料理は求めていないということは、1)で書きました。
 
 じゃあ、オシャレでない手料理ってなんぞや?って思うかもしれませんが、それは単純なこと。
 
 普通の家庭料理で十分で、むしろ、それが胃袋を鷲掴みにされる女性の手料理そのものであったりします。
 
 つまり、見栄えは悪くても、ご飯に会う普通の手料理が食べたいんですね。
 
 仕事から疲れて帰ってきて、気取ってナイフとフォークで食べる手料理なんて拷問です。
 
 ガッツリ、気軽に、気取らず食べれる素朴な家庭料理が好まれます。

3)栄養バランンスって大切

 男性は、素朴でありきたりな手料理が本当に好きです。
 
 少し濃いめの味付けで、ご飯が進む手料理なんて最高です。
 
 ただ、一つだけ、女性が好きな手料理で、これは男性も喜ぶというものを取り入れるならば、『ヘルシー』『野菜たっぷり』『食事の品目が多い』等、つまり、栄養バランスが整った食事です。 
 
 男は家庭的な部分は、本当におおっざっぱで、料理が得意な男性も、栄養バランスが整った手料理は苦手な人が多いです。
 
 いわゆる男メシと言われる手料理の多くは、肉ドーン・揚げ物ドーン!というように、栄養バランスを無視したガッツリ系が多いことに気付きます。
 
 この点、女性は、この栄養のバランスを整えた食事を作ることに長けているように思います。(もちろんすべての女性がそうではないでしょうが。)

 男性が苦手な細かい栄養バランスについてよく考えて手料理を作ってくれる女性は、やはりポイントが高い。
 
 思わず、『料理はできるけど、わざわざ3品も作ってくれるなんてすごい!』って男性は結構思っていたりします。
 
 男の胃袋をつかむには、栄養バランスまで考えられた手料理、これに限ります。

やっぱり男は女性の料理に弱い

料理が苦手でも問題なし!

 現代社会では、女性もバリバリ仕事をすることが求められているようですし、今では夫婦共働きなんて当たり前の世の中になってしまいました。
 
 ほんの数十年前は、専業主婦のは当たり前でしたが、最近の世帯調査では、共働き世帯が全体の50パーセントを上回る等、もはや共働き世帯は多数派です。
 
 そんな世の中の変化がある中、いまだに、『やっぱり料理ができる女性って素敵だよね』って男の理想は、女性に求めすぎる時代錯誤な考え方なのかもしれません。
 
 でも、今でもなお、料理が上手い女性の人気は、変わらず高いというのは、疑いようもない事実です。
 
 そういうと、『私料理は苦手だから・・・ダメ。』って女性の嘆きが聞こえてきそうです。
 
 このような声はあちらこちらで伺いますが、安心してください!
 
 正直、そもそも、料理のスキルがあるに越したことはありませんが、別に苦手でも、普通の料理を作ることができれば十分です。 
 
 ごくごく普通の家庭料理を普通に作れる努力さへしていれば、料理なんてすぐできるようになります。
 
 そういう細かい努力にこそ、惚れる男はたくさんいると思いますから、あきらめずに挑戦してみると良いのではないでしょうか?

料理教室には通わなくて良し!

 『私料理が苦手だから・・・。』と言って、本格的に料理教室に通いだす女性は多いはずです。
 
 ただ、それはいいのではいいのですが、正直、趣味・料理が好きという特別な事情がなければ、『花嫁修業のために通う』なんて行動はナンセンスだと思います。
 
 普通の家庭料理を普通に作るためには、今やネットで検索すればいくらでもレシピは出てきますし、そういうレベルで男は満足します。
 
 逆に、あまりにもこだわった料理とか、イタリアンや・フレンチとか、そういうパーティー料理の方が、男は落ち着かなかったりするので、料理教室で学ぶ内容によっては逆効果になる可能性もありますので注意が必要です。

悩めば、オムライス・カレー・ハンバーグを作っとけ!

 男性は女性に難しい料理を求めていません。これ本当です。純然たる男の本音です。
 
 美味しくて、食べごたえがあれば、正直、心の底から大喜び。
 
 もし料理が苦手で、レパートリーが少ないならば、オムライス・カレー・ハンバーグくらい作っておけば、それで大喜びです。
 
 他にも、生姜焼き・から揚げ・鍋等、お母さんが昔作ってくれたような家庭料理を作っておけば喜ぶ男性は多いというのが男の実情です。
 
 まぁ、男はいくら偉そうに行動しても、精神は子供の延長のような人が多いですから、これで十分です。
 
 もちろん、これはグルメな男性にも当てはまります。

 正直、相当勘違い男でなければ、本格的な日本料理・イタリアン・フレンチ・創作料理etc//、これらの料理はそう簡単に作れるものではないということは大抵の男は理解しています。 
 
 だからこそ、そういう料理が食べたければ外食に出かけるはずです。

 逆に、本格的な料理をパートナーに求めてくる男性は、それこそ勘違い男で、より精神的に子供だと思って間違いありません。
 
 そういう人に対しては、『外食してきたら?』と返してやりましょう。

Sponsord link
Sponsord link
PR
PR
サブコンテンツ

Top